クロラボ
SEO

meta keywords(メタキーワード)はSEO対策に必要?

2021.06.14

今回はHTMLにおけるmetaタグであるmeta keywordsについて紹介します。WEBページを作成するための要素としてhead間に記述されます。

SEOを行う上でmetaタグは非常に重要とされていますが、meta keywordsは現在設定する必要がないと言われています。このページは、なぜmeta keywordsは設定不要とされているのかを詳しくお伝えします。

meta keywordsは2009年に役割を終えました

2009年前まではSEO対策を行う上で非常に重要な役割を担っていたmeta keywordsでしたが、現在では設定する必要がありません。

かつてのSEO対策といえば、meta keywords内に上位化させたいキーワードを詰め込み、上位化させたいページに外部リンクを貼る手法が主流とされていました。実際にそのやり方で検索上位に表示されるページがいくつも存在しました。

しかし、このやり方をSEO業者が乱用したことで検索エンジンがページのコンテンツ内容を正しく評価できなくなるという問題が起こり、Googleは2009年にmeta keywordsを評価しないと公式に発表しました

この発表を受けて、meta keywordsの設定は必要ないと言われるようになり、現在ではほとんどの人がmeta keywordsを設定していない状態です。

また、検索エンジンは2009年から何度もアップデートを重ねているので順位を決定するアルゴリズムも向上しており、meta keywordsとは別の要素で順位を決定する仕組みが出来上がっています。ですから、SEO対策を行う場合は、このような状況を理解することも大切だと言えます。

現在googleがサポートしているタグについてはこちらから確認することができますので、興味があれば確認してみてください。

meta keywordsの注意点

meta keywordsを検索エンジンは評価しないと伝えましたが、長い間運営しているサイトであればHTMLにmeta keywordsが存在している場合があります。その場合はどうすればよいのかお伝えします。

1. タグの内容

meta keywords内に大量のキーワードが含まれている場合は削除することをおすすめします。検索エンジンは評価しないと言われていますが、meta keywordsの存在はクローラーが巡回した際に伝わります。

過剰にキーワードが含まれているのを発見された場合、検索順位に良い影響を与えることはないでしょうから、meta keywords内の過剰なキーワードは削除しましょう。本当に上位化を狙いたいキーワードを3つほどmeta keywordsに書くようにすれば問題ないです。

2. 他ページとの重複

サイト内で新たなページを作成する場合は、既存のページをコピーして作成するケースは多いです。その際にmeta keywordsに過剰にキーワードが含まれたページをコピーして作成されたページであればそのページのmeta keywords内キーワードも修正する必要があります。

大量のキーワードが記述されている場合は不要なものは削除しましょう。meta keywordsを記述する場合は、ページ内容に関連した上位化させたいキーワードを記述してください。

重複ページがあると思う方はこちらのページで詳しく学ぶことができます。

3. サイト/ページ作成を依頼する場合

自社でサイトを作成しない場合は制作会社にサイト作成を依頼することになります。その場合はmeta keywordsの設定は必要がないことをしっかりと伝えるようにしましょう。現在meta keywordsを評価しないことを専門業者であれば把握していると思われますが、念のため伝えておくと安心です。

meta keywordsを記述するメリット

meta keywordsを記述しているとサイト管理者にどのようなキーワードに基づいて作成したページなのかを明確に伝えることが出来るので、そういった意味ではmeta keywordsを記述する意義があります。

サイト管理者によってはいくつものサイトを任されている場合があるので、その場合はページ内容を分かりやすくすることは重要だと言えます。

meta keywordsを記述するデメリット

検索エンジンが評価しないのでmeta keywordsは記述しても記述しなくてもどちらでも良いと思われがちですが、記述することによるデメリットが存在します。

meta keywordsにはそのページが上位化を狙うキーワードが記述されます。ですから、競合相手がページのHTMLを確認すれば、「どのキーワードで上位化を狙っているか」を知られてしまうので、そのページを参考にさらに質の良いページが競合サイトで生まれる可能性が高まります。

meta keywordsの書き方

現在ではほとんど記述されることがないmeta keywordsですが、ごく少数の割合でmeta keywordsにキーワードを設定していないと不安と感じる方もいます。2009年以前にサイト制作に関わっていた方であればこの気持ちがわかるかもしれませんね。

meta keywordsは以下のように記述します。

=> <meta name=”keywords” content=”⚪︎⚪︎⚪︎(キーワード)”>

キーワードが複数存在する場合は「,(カンマ)」で区切り記述します。meta keywordsが使用されていた時代はmeta keywordsに記述するキーワードは3~5こが適切だとされていました。

まとめ

meta keywordsが設定が不要である理由やすでに設定されているmeta keywordsの注意点等を紹介しました。現在、SEO対策を行う上で重要な要素ではないmeta keywordsなのでHTMLを確認した時に見ていない人も多いのではないでしょうか。

一度自分のサイトのページを確認してみるのも良いかもしれませんね。もし、大量のキーワードを記述していたリ、上位化させたいキーワードを記述している場合は削除することをおすすめします。

関連記事