クロラボ

【ツイッター】監視されてるか確認する方法

2021.08.17

この記事ではツイッターで利用している自分のアカウントが誰かに監視されてるかを確認する方法を紹介します。

ツイッターは監視されている?

自分のアカウントが監視されている場合、監視しているのが個人か企業で少し意味合いが異なってきます。

個人が行う監視の場合

個人の場合は、監視対象のアカウントが投稿しているツイートに返信したり、DMでメッセージのやり取りはせずにただただツイートを見張っているような状態を指します。

また、複数のアカウントに対して同様の行動をしているのではなく、彼氏や彼女といった自分が実社会で関係を持っている/持っていた人物や一方的に好意や悪意を抱いている人物や企業といった特定のアカウントだけを見張っていることが多いです。

企業が行う監視の場合

企業が行う監視とは、自社の商品やサービスについてのコメントや口コミ等から評判を調査するマーケティングに近いものです。

個人が行う監視とは違い、特定のアカウントをしつこく追い回したり、つきまとうような行為を反復して行うことはありません。

自社に関わるツイートを監視すると、デマや誹謗中傷、クレームをいち早く発見して、自社に関する不利益な情報が拡散されていないか把握することが目的となります。

デマや誹謗中傷などの投稿を事前に発見できる炎上を回避するためのリスクマネジメント手法として、ツイッターだけでなく各種SNSで多くの企業が取り組んでいます。

監視されているかを確認する方法

フォロワーを確認する

自分のアカウントを監視する場合は、監視専用のサブアカウントを作成している人が多いです。

フォロー数とフォロワー数が1桁のアカウントがあなたをフォローしている場合は、もしかするとあなたを監視するために作成されたアカウントかもしれません。

また、このような監視専用のアカウントは鍵垢(非公開アカウント)の設定がされていることが多いため、一度自身のアカウントのフォロワーを確認してみましょう。

リストを確認する

アカウントがフォローされていなくても、リストに追加されて監視されている可能性もあります。

リストには公開リストと非公開リストが存在して、監視目的でリストが作成されている場合は、公開リストにあなたを追加している可能性は低いですが一度確認してみましょう。(公開リストに追加される際に自分に通知が届きますが見逃している可能性もあります。)

リストの確認方法

  • メニュー「リスト」をクリックします。
  • リストページの右上端「…」から「自分がメンバーとなっているリスト」をクリックします。

もし、あなたのアカウントが公開リストに追加されている場合は、このページに表示されます。

あなたのアカウントが知らないリストに追加されているのを発見した場合は、その公開リストのページを開いてください。

右上端「…」から相手のアカウントをブロックすることで、全てのリストにあなたのアカウントが追加できなくなります。

ツイートのアクティビティを確認する

ツイートのアクティビティを確認して、ハッシュタグや内容が第三者の目に留まることを意識していない内容にも関わらず、インプレッション数(ユーザーがTwitterでこのツイートを見た回数)が自分のフォロワー数より多い場合は、誰かに監視されている可能性があります。

一度、ツイート検索にも引っかからない内容のツイートを発信してみて様子を見るのも良いでしょう。

ツイッター監視アプリは存在する?

ツイッターを監視する目的で作られたツールやアプリは存在しませんがTweetDeckというサービスが存在します。TweetDeckは2011年にTwitter社に買収されて現在は公式クライアントとなっています。

TweetDeckを使用すれば、特定の他のアカウントの「いいね」やツイート、リツイートを簡単に監視することができます。

それ以外にもツイートの予約投稿といった便利機能がいくつもあるので、興味があれば調べてみてください。

監視されている場合の対策方法

ブロックする

監視されていることが嫌な場合はブロックしてしまいましょう。しかし、監視しているユーザーがあなたのページにアクセスした際にブロックしていることがバレてしまいます。

もし、ブロックしていることがバレてしまうと、新しいアカウントを作成して再度監視をしてくる可能性も考えられます。

ブロックは自分のツイートを特定のユーザーに対して非公開にする便利な機能ですが万全とは言えませんが、自分の投稿を監視されたくない際に行える対処法の一つです。

鍵垢(非公開アカウント)に設定する

鍵垢(非公開アカウント)に設定する方法が現在のところ一番有効な対処法です。相手がフォロワーではない限り自分の投稿が見られなくなるため、監視されることもなくなります。

鍵垢に設定したとしても、既存のフォロワーは見ることができます。

すでにフォロワーの中に監視しているユーザーが紛れ込んでいる場合も考えられるので、鍵垢設定の前にフォロワーリストを確認して、フォロー数やフォロワー数が極端に少ない、一度もツイートしていないなど怪しいアカウントについては削除しましょう。

明らかに怪しいアカウントのフォローがなくなれば監視される可能性はかなり下がるでしょう。

鍵垢について詳しく知るにはこちら

まとめ

ツイッターが監視されてるか確認する方法と監視されていた際の対策方法を紹介しました。もし、少しでも心当たりがある場合は上記を参考に確認してみてください。

関連記事