クロラボ
instagram

間違えてフォローした場合の対処法【インスタ・Twitter】

2021.08.10

Twitterやインスタを利用している時に誤って、アカウントをフォローしてしまった経験は誰にもあるのではないでしょうか。

すぐにフォローを解除したけど、相手にバレているのではないか?と心配になる人もいると思います。この記事では、Twitterやインスタで間違えてフォローした際の対処法を紹介します。

間違えてフォローした場合、相手に通知は届くのか

誤ってクリックしてアカウントをフォローしてしまった場合、すぐにフォローを解除すれば相手のフォロワー数はカウントされません。

ですから、「フォローしたことは気づかれていない」と考えがちですが、一瞬でもフォローした時点で相手に通知が届いてしまっている可能性があります。

Twitterの場合

公開アカウントであれば、フォロー後にすぐ解除したとしてもフォローした内容が相手のアカウントに通知されてしまいます。

ただし、自分が鍵垢(非公開アカウント)の場合は相手をフォローしたとしても通知は届かないのでバレることはありません。

相手が通知をOFFにしていてもバレる可能性あり

Twitterは設定から通知をOFFにすることができますが、アプリを開けば通知欄に「○○さんからフォローされました」という履歴が届いているのでバレる可能性は高いと言えるでしょう。

ただし、相手のアカウントが「いいね」やリツイートをいくつももらっている場合は、誤ってフォローした通知が埋もれてしまい気づかないこともあります。

自分が鍵垢(非公開アカウント)の場合

自分が鍵垢の場合は相手にフォローしたことが通知として届きません。ですから、もしも誤ってフォローしても鍵垢の場合は通知が行かないのでバレる心配はありません。

ですが、バレないからといってフォローを解除することなく放置していれば、フォロワーチェックができる外部サービスやアプリなどを利用して調べられると、バレてしまうことがあるので注意してください。

間違ってフォローした場合の対処法

上記でも説明しましたが鍵垢(非公開アカウント)の場合は、誤ってフォローしたとしても相手に通知が届くことはありません。

そのため即解除すれば、相手のフォロワー数も変化することがないので気づかれることはありません。

しかし、公開アカウントの場合は、一瞬でもフォローしてしまえば相手に通知が届きます。対処法としては、誤ってフォローした後、気づいてからはすぐに自分のアカウントを鍵垢設定しましょう。

プロフィールアイコンやプロフィールページは確認されますが、過去のツイート等投稿内容は隠すことができます。

インスタの場合

誤ってアカウントをフォローしてしまうと相手に通知が届きます。

ただし、相手が通知設定をONにしていなければ通知は相手に届きませんし、フォロー後すぐに解除すればインスタグラムの通知(アクティビティ)一覧ページの通知も消えます。

通知をONにしていてもバレない?

通知をONにしている場合は、フォローして解除したとしても通知は届きます。ただし、インスタグラムの通知一覧ページの通知は消えます。

ですから、スマホ画面の通知「○○さんからフォローされました」しか相手はあなたを辿ることができません。

通知からインスタグラムを開けば通知は消えますし、ユーザーネームを覚えていて検索にかけて、、、と行動する人はほとんどいないと思われるので、あなたがフォローしたということがバレる可能性は極めて低いと言えるでしょう。

フォローした時の通知は1アカウント1回のみ?

インスタグラムのフォロー通知は1アカウントにつき1回のみとなっています。ですから、過去に1度フォローしたことがある相手を誤ってフォローした場合は、相手に通知が届くことはありません。

間違ってフォローした場合の対処法

間違ってフォローした場合はすぐに解除しましょう。もしくは鍵付きアカウントに設定すればプロフィールは見られますが過去の投稿を隠すことができます。

まとめ

Twitterとインスタグラムで間違えてフォローした際の対処法について紹介しました。もし、知らないアカウントや気になっているアカウントを誤ってフォローしてしまった場合は上記の対処法をお試しください。

関連記事