クロラボ

ツイッターのリツイートを非表示する方法を紹介

2021.08.18

あなたがTwitterを利用していると、フォロー中のアカウントに、やたらとリツイートする人やリツイートしかしないアカウントは存在しませんか?

リツイートすること自体は悪くないと思うのですが、リツイートのみで自分のタイムラインが埋まり、本当に知りたい情報や気になっていることが見つかりづらくなる状況は避けたいものです。

フォローを解除すれば簡単に解決できそうな問題ですが、相手にバレた時のことを考えるとなかなか踏み切れませんよね。この記事では、煩わしいリツイートをタイムラインで非表示にする方法を紹介します。

リツイートを非表示にする方法は?

Twitterの設定でリツイートを非表示にすることができます。

ブラウザ版Twitter(PC)の場合

  • タイムラインに表示されたツイートの「○○さんがリツイート」をクリックします。
  • アカウントのプロフィールページにアクセスするので、「…」をクリックします。
  • 「リツイートをオフにします」をクリックすれば完了です。

スマホ版Twitter(iPhone)の場合

  • タイムラインに表示されたツイートの「○○さんがリツイート」をクリックします。
  • アカウントのプロフィールページにアクセスするので、「…」をクリックします。
  • 「リツイートは表示しない」をクリックすれば完了です。

スマホ版Twitter(Android)の場合

  • タイムラインに表示されたツイートの「○○さんがリツイートしました」をクリックします。
  • アカウントのプロフィールページにアクセスするので、「︙」をクリックします。
  • 「リツイートは表示しない」をクリックすれば完了です。

これまで自分のタイムラインに表示されていたツイート(リツイート)には非表示設定は反映されませんが、非表示設定したアカウントが今後リツイートしたものはタイムラインに表示されなくなります。

リツイートが非表示にならないこともある

上記で説明した他アカウントのリツイートを表示させない方法はタイムラインのみが対象となります。リストやプロフィールページに表示されているリツイートについては非表示にすることは出来ません。

また、タイムライン上でリツイートは非表示になりますが、引用リツイートの場合は非表示になりません。

これは単なるリツイートではなく、ユーザーのつぶやきが主体となるかたちのツイートなので、引用リツイートは非表示の対象外となります。

上記の非表示設定で非表示とならないリツイート一覧

  • 引用リツイート
  • 非表示設定前のリツイート
  • リスト内のリツイート
  • 相手のツイート一覧に存在するリツイート

リツイートの非表示を解除する方法

ブラウザ版Twitter(PC)の場合

  • リツイートを非表示設定しているアカウントのプロフィールページにアクセスします。
  • 「…」をクリックして「リツイートをオンにする」をクリックすれば完了です。

スマホ版Twitter(iPhone)の場合

  • リツイートを非表示設定しているアカウントのプロフィールページにアクセスします。
  • 「…」をクリックして「リツイートを表示する」をクリックすれば完了です。

スマホ版Twitter(Android)の場合

  • リツイートを非表示設定しているアカウントのプロフィールページにアクセスします。
  • 「︙」をクリックして「リツイートを表示」をクリックすれば完了です。

リツイートを非表示にしたアカウントを一覧で確認する方法

リツイートを非表示にしたアカウントが大量にいる場合は、いちいち自分で管理するのは時間と手間がかかります。

その場合は、外部サービス「リツイート非表示チェッカー(https://syncer.jp/twitter-hide-retweet-list)」を利用すると便利です。

ユーザー認証を行い、Twitterと連携することで現在非表示設定しているアカウントを一覧で確認することができます。

全てのリツイートをタイムラインから非表示にする方法

フォローしているアカウントが多数存在する場合は、一つひとつ手作業でリツイートを非表示していると時間がかかって仕方がありません。

もういっそ全てのリツイートをタイムラインで表示させたくない!とお考えの時に試していただきたい方法があります。

以下の手順で非表示設定を試していただくと全てのリツイートが非表示になるかと思います。

今回わたしは、ブラウザ版Twitter(PC)で試してみました。

ブラウザ版Twitter(PC)にログインします

  • メニュー「…」の「設定とプライバシー」をクリックします。
  • 「プライバシーとセキュリティ」の「ミュートとブロック」をクリックします。
  • 「ミュートするキーワード」をクリックして「+」からキーワードを追加します。
  • 「単語やフレーズを入力」へ「RT@」を入力します。
  • 「すべてのアカウント」にチェックを入れて、保存をクリックすると完了です。

この手順で設定を行った後、タイムラインを確認しましたが今のところリツイートは表示されていません。

ただし、Twitterは頻繁にアップデートを繰り返すので今後この方法が使えなくなるかもしれないことも頭に入れておいてください。

まとめ

リツイートを非表示にしてタイムラインをすっきり見やすくするとツイッター上で、自分の気になる情報を取得しやすくなります。タイムラインがリツイートで溢れている場合は、ぜひお試しください。

関連記事