クロラボ

【Twitter】電話番号認証を回避する方法

2021.09.06

Twitterを利用していると、ログインする際やアカウント作成の際に電話番号の認証を求められることがあります。

電話番号を登録すると認証コードが登録した電話番号にSMSで送られてきます。認証コードを入力することでTwitterを正常に利用することができるようになります。

Twitterに電話番号を登録することで、ログインの際に2段階認証(メールアドレス/ユーザー名/電話番号と認証コード)のセキュリティ設定が可能となるので、よりセキュリティが強化しますし、アカウント乗っ取り防止にもなります。

しかし、中には「電話番号を登録すると身バレする」「個人情報の漏洩や悪用される不安がある」など絶対に電話番号を登録したくない人もいるでしょう。

この記事では、Twitterに電話番号を登録したくない人の為に、電話番号認証を回避する方法を紹介します。

後述していますが、ビジネス用アカウントを運用する場合は、電話番号認証を回避せずにアカウント作成しましょう。せっかくアカウントを作成しても凍結すれば元も子もありません。Twitterで凍結のリスクを最小限に抑えた上で爆発的にフォロワーを増やしたい人にはフォローマティックをおすすめします。稼ぐためのツールであるTwitterで効率的に集客を行うノウハウがSNS初心者に向けてもわかりやすく解説しています。

電話番号認証を回避して新規アカウントを作成できるか

Twitterを始めるには電話番号の代わりにメールアドレスを登録することで新規アカウントを簡単に登録することができます。

ただし、新規登録した後にTwitterを利用していると急にアカウントが利用できないようにロックされることがあります。そして、大半の場合はロックを解除する際に電話番号の認証が求められます。

つまり、Twitterのアカウントを新規登録するのに電話番号を登録する必要はありませんが、電話番号を登録しないで利用すればロックがかかり利用できなくなることがあるので、実質的には電話番号の認証が必要となります。また、Twitterは1つの電話番号で最大10個のアカウントを作成することができますが、2つ目以降アカウントを作成する場合は、新規登録時に電話番号認証を求められることもあります。

しかし、必ず電話番号の認証が必要というわけではありません。

まずは、電話番号を登録しないアカウント作成方法、その次にロックがかかった際の対処方法を紹介します。

電話番号認証を回避して新規アカウントを作成する方法


電話番号認証を回避して新規アカウントを作成する方法は以下の2つに分けられます。

  • メールアドレスを用いて新規アカウントを作成する
  • IPアドレスを変更して新規アカウントを作成する

1. メールアドレスを用いて新規登録する方法

  • Twitterのトップページ(https://twitter.com/)にアクセスします。
  • 「アカウント作成」をクリックします。
  • 名前、生年月日を入力して、「かわりにメールアドレスを登録する」をクリックしてメールアドレスを入力します。
  • 手順に従い「登録する」をクリックすれば、登録したメールアドレスに認証コードが記載されたメールが届きます。
  • 認証コードを入力して、プロフィールを設定すれば、新規アカウントの作成が完了します。

2. IPアドレスを変更して新規アカウントを作成する

同じIPアドレスで複数のアカウントを作成した場合、電話番号認証を回避できないことがあります。

そのための対策方法としては、テザリング機能を備えているスマホを用いてIPアドレスを変更してパソコンから新規アカウントを作成する方法が有効です。

IPアドレスとはインターネットの住所のようなもので、同じ人物が複数のアカウントを作成していると思われないようにする方法となります。

テザリング機能を用いてIPアドレスを変更する方法

  • スマホの「設定」の「インターネットの共有」をクリックします。
  • 画面右側にあるトグルスイッチをクリックして有効にします。
  • 設定完了後、パソコンのインターネット接続先はデザリング機能を備えたスマホに変更して完了です。

テザリング機能でIPアドレスを変更したあとは、パソコンでGoogle Chromeのシークレットウィンドウを開き、そこからTwitterのトップページ(twitter.com)にアクセスして新規アカウントを作成してください。

電話番号認証を回避した新規アカウントがロックしたときの対処法

主な対処法は以下の2つです。

  • 電話番号を登録してロックを解除してから、電話番号を削除する
  • Twitterに異議申し立てを行う

1. 電話番号を登録してロックを解除してから、電話番号を削除する

ずっと電話番号を登録するのではなく、ロックを解除してからすぐに電話番号を削除します。詳しい手順は以下となります。

  • ロックされたアカウントにログインします。
  • ロック画面の「始める」をクリックします。
  • 国・地域を選択して認証のための電話番号を入力御「コード送信」をクリックします。
  • 入力した電話番号宛てに認証コードが記載されているSMSが届くので入力します。
  • ロックが解除されるので、自分のプロフィールページ「設定とプライバシー」をクリックします。
  • 「アカウント」の「電話番号」クリックして「電話番号を削除」を選択すると完了です。

2. Twitterに異議申し立てを行う

異議申し立てを行うことでロックを解除する方法は、電話番号認証を回避できます。ただし、この方法は時間と手間がかかる上絶対にロックが解除されるわけではありません。

しかし、絶対に電話番号の認証を回避したいという人にはこちらの方法をおすすめします。

詳しい手順は以下となります。

  • Twitterのヘルプセンター(https://help.twitter.com/ja)にアクセスします。
  • 「お問い合わせ」の「ログインとアカウントの問題が発生した」をクリックします。
  • さらに「アカウントがロックされた、または凍結された」をクリックします。
  • 「アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする」ページにアクセスするので、必要事項を入力します。

異議申し立てを行う際のポイントは、「問題の詳細」の入力欄で自分はルールや規約違反をしていないことや電話番号を持っていないので、電話番号の認証ができないこと等を記入するとよいでしょう。

凍結のリスクなく電話番号認証を行う方法

上記で紹介した方法は、Twitterにアカウントを登録する際や使っている最中に電話番号wを登録していないことが原因で凍結するおそれがある方法でした。
ここで紹介する以下の2つの方法は自分のスマホ端末の電話番号を使用せずにアカウントを作成して、凍結せず安全に運用する方法です。

格安SIMを利用してアカウントを作成する

格安のSIMを一時的に契約することで電話番号を取得し、その電話番号を利用してアカウントを作成すれば凍結することはありません。

兄弟や家族の電話番号でアカウントを作成する

自分の兄弟や家族の中でTwitterを利用していない人がいれば電話番号を使わせてもらうことで、自分の電話番号を使わずにアカウントを作成することができます。家族であれば普段から気軽に連絡できるので、もし再度電話番号認証が求められたとしても簡単に対応できます。

電話番号の認証を回避するメリット・デメリット

メリット

電話番号の認証を回避するメリットの1番大きな点は、友人や知り合いに身バレするリスクがないことが挙げられます。Twitterの機能の一つに、登録した電話番号を利用して電話番号検索が出来るものがあります。

スマホの電話帳に登録されている電話番号を認識して、おすすめユーザーとして表示されたり、電話番号からTwitterを利用している知り合いのアカウントを検索することができます。

電話番号の設定によっては、身バレしないように自分の電話番号を検索してもアカウントを表示させないようにもできますが、設定ミスなど起こる可能性もゼロではないので電話番号の認証を回避するのが最もリスクがない安全な方法と言えます。

デメリット

電話番号の認証を回避してしまうとアカウントのロック解除に手間と時間がかかってしまう点です。

通常であれば、電話番号で認証を行えばすぐにアカウントのロックは解除されますが、電話番号を使用しないでロックを解除する方法(Twitterへの異議申し立て)を行う場合は数日かかってしまいます。

また、電話番号認証の回避はアカウントの乗っ取りや不正ログインの可能性を高めてしまうことになります。

Twitterは不正ログインを防ぐために2段階認証を推奨しています。それが電話番号を利用できない場合は利用することができなくなります。

Twitter電話番号認証回避の注意点

IPアドレス変更は絶対的に有効ではない

IPアドレスをテザリング機能が備えられたスマホで変更することで電話番号の認証を回避する方法を紹介しましたが、絶対にロックがかからないというわけではなく、かかる可能性が低くなるというものです。

また、これまではIPアドレスを変更するだけでアカウント作成できましたが、今後はデバイスIDまでTwitterが確認することでこのような方法は難しくなってくると考えられます。

捨て電話番号での登録について

電話番号の認証を回避するために、数年前までは無料の捨て電話番号を使用する人が多くいました。

海外の電話取得サービス「TextFree」や「textPlus」などで電話番号を取得してTwitterアカウントを作成する方法は現在では通用しません。

2021年現在、「090/080/070」からはじまる電話番号以外で電話番号を認証するよう入力すると、認証には使用できない状態です。

登録していても身バレを回避できる

Twitterに電話番号を登録していると、電話番号検索ができてしまいます。

ですから、自分以外に自分の電話番号を知っている人がTwitterを利用していると検策や「おすすめユーザー」として表示されるので、身バレすることがあります。

しかし、Twitterで電話番号の設定を行うことで、身バレしないようにできるのでその方法をお伝えします。

身バレを回避する方法

  • Twitterメニュー「設定とプライバシー」をクリックします。
  • 「プライバシーとセキュリティ」の「見つけやすさと連絡先」をクリックします。
  • 「電話番号の照合と通知を許可する」「アドレス帳の連絡先を同期」のチェックを外せば完了です。

URL: https://help.twitter.com/ja/safety-and-security/email-and-phone-discoverability-settings
URL: https://help.twitter.com/ja/using-twitter/upload-your-contacts-to-search-for-friends

「電話番号の照合と通知を許可する」「アドレス帳の連絡先を同期」のチェックを外すことによって、電話番号を登録していても知り合いや友人に身バレすることがなくなります。

電話番号を登録しているとどのようなメリットがあるのか

電話番号認証無しでTwitterを利用するための情報をさんざん紹介しましたが、電話番号を登録しておくとどのようなメリットがあるかを最後にまとめておきます。

ログインできない問題をスピーディーに解決できる

万が一、ログインできなくなったとしても、電話番号が登録されていればより簡単にTwitterを再開することができます。

アカウントの保護に繋がる

電話番号を登録しているとログイン認証等セキュリティ機能を利用することができるので、のっとりなど悪質ないたずらや犯罪行為からアカウントを保護することができます。

Twitterを利用している知り合いを探せる

電話番号を登録して、検索されることを許可していれば、電話番号から利用者を探し出してフォローすることができます。電話番号を登録する他、アカウントに端末のアドレス帳にある連絡先情報をアップロードするやり方でも同様に知り合いを探せます。

電話番号の登録方法

電話番号を登録するメリットを確認して、もしかすると電話番号登録をしようと思った人がいるかもしれないので、一応Twitterアカウントに電話番号を登録する方法をお伝えします。詳しい手順は以下となります。

  • Twitterにログインします
  • ホーム画面のアイコンをクリックします
  • 「設定とプライバシー」の「アカウント」を選択します
  • 「電話番号」をクリックして「電話番号を変更」を選択します
  • パスワード認証を行い、変更する電話番号を入力します
  • 入力した電話番号に認証コードが記載されたショートコードが送られてくるので、「認証コード」を入力欄に入力すれば完了します

電話番号認証してもアカウントが身バレしない方法

電話番号認証を回避したい人の大部分は、登録している電話番号から身バレすることを恐れているでしょう。Twitterに電話番号検索機能が備わっているが、だからと言って必ず知り合いなどにアカウントが身バレするとは限りません。電話番号を登録しても身バレしない方法を紹介します。詳しい手順は以下となります。

  • Twitterにログインします
  • ホーム画面のプロフィールアイコンをクリックします
  • 「設定とプライバシー」から「見つけやすさと連絡先」をクリックします
  • 「あなたの電話番号を連絡先に保存している利用者がTwitter上であなたを見つけられるようにする」のこうもくからチェックを外します

この方法を実践するだけで、電話番号を登録したとしても身バレすることがありません。

まとめ

Twitterの電話番号認証を回避する方法を紹介しました。身バレや個人情報漏洩を懸念するなど、どうしても電話番号をTwitterに登録したくない人はぜひ紹介した方法を試してみてください。また、設定方法を少し変更するだけで、悩みを解決することができるかもしれません。

関連記事