クロラボ

【ツイッター】QRコード作成方法を紹介

2021.08.05

Twitterでは、自分のアカウントをフォローしてもらうためにQRコードを作成することができます。

店舗や名刺にQRコードを配置しておくと、フォロー数を増やすことができます。この記事では、QRコードの作成方法を紹介します。

QRコードの作成方法

QRコードは現在、スマホアプリのみで作成・発行が可能となります。PCの場合は外部サービスを用いることで作成・発行が可能となります。

スマホアプリ版TwitterでQRコードを作成する場合

  • スマホアプリ版Twitterを起動します。
  • プロフィールアイコンをクリックしてメニューを開きます。
  • ページ下部にQRコードのアイコンをクリックします。
  • 自分のアカウントのQRコードが表示されます。

右上の「↑」アイコンをクリックして「画像を保存」を選択すればカメラロールに画像として保存できます。また「共有する」を選択すれば、LINEやメール、メッセージで画像を共有することができます。

PCブラウザ版TwitterでQRコードを作成する場合

アプリ版ではないTwitterには、QRコードの作成機能が備わっていません。PCブラウザ版Twitterでは、スマホアプリでは表示されたQRコードのアイコンがメニューに表示されません。

ですから外部サービスを利用してQRコードを作成する必要があります。自分のTwitterプロフィールページのURLは「https://twitter.com/自分のID」となります。

「QRのススメ」https://qr.quel.jp/を利用すれば、自分のプロフィールページのURLを入力するだけでQRコードを作成することができます。

QRコードの編集について

作成したQRコードを編集する方法を紹介します。

色を変える

QR作成ページ上でQRコードをクリックすればカラーが変わります。いくつか色のバリエーションが用意されているので自分に合った色を選びましょう。

QRコードはユーザー名を変更すれば変わる

自分が発行したQRコードが様々な場所で拡散しており、怪しい人からフォローされることが頻繁に発生した場合、トラブルに巻き込まれる前にQRコードを変更する必要があります。

対処法としてユーザー名を変更することでQRコードを変更できます。

ユーザー名の変更方法は以下となります。

スマホアプリ版Twitterでユーザー名を変更する場合

  • スマホアプリ版Twitterを起動します。
  • プロフィールアイコンをクリックしてメニューを開きます。
  • 「設定とプライバシー」から「アカウント」、「ユーザー名」をクリックします。
  • 「新規」の入力欄をクリックして「ユーザー名を変更してもよろしいですか?」の「次へ」をクリックします。
  • 変更したいユーザー名を入力して「完了」をクリックすれば完了です。

ユーザー名を変更する際は、すでに使われているユーザー名には変更することができません。

ユーザー名を変更すれば、以前作成したQRコードの情報は古い情報となるので、読み取ることができなくなります。

PCブラウザ版Twitterでユーザー名を変更する場合

  • PCブラウザ版Twitterを起動します。
  • 左メニュー「設定とプライバシー」から「アカウント」の「アカウント情報」にある「ユーザー名」をクリックします。
  • 変更したいユーザー名を入力して「保存」をクリックすれば完了です。

他のユーザーのQRコード読み取り方法

  • スマホアプリ版Twitterを起動します。
  • プロフィールアイコンをクリックしてメニューを開きます。
  • ページ下部にQRコードのアイコンをクリックします。
  • 自分のアカウントのQRコードが表示されます。
  • QRコードページ下部の「QRコードをスキャン」と表示されている四角いアイコンをクリックするとQRコードの読み取り画面が表示されます。

枠線に合わせてQRコードを直接読み取ることができますし、さらに画面右上の写真のアイコンをクリックすれば、自分のカメラロールに保存されているQRコードを読み取ることができます。

QRコードが読み取れない場合の対処法

QRコードを読み取れない場合の対処法を紹介します。

古い内容のQRコード

他のユーザーのQRコードを読み取ろうとしても読み取れない場合があります。その際の主な原因はユーザーがユーザー名、もしくはユーザーIDを変更していることがあげられます。

古いQRコードを送っている可能性があるので、再度QRコードを作成してもらう、新しいQRコードを送ってもらうと読み取ることができるでしょう。

一度QRコードを作成すれば、いつまでも同じものを使用できると思っている人がいるかもしれないので、ユーザー名を新しくした場合は、QRコードを新たに作成する必要があります。

QRコードが小さい

TwitterのQRコードが小さすぎると読み取ることができない場合があります。

ユーザー名がわかる場合は、それを検索すれば良いのですが、QRコードだけの場合は、読み取り画面(カメラ)でQRコードを拡大して読み取りを試みてください。

アプリを更新する

最新版のスマホアプリTwitterにはQRコード機能が搭載されていますが、しばらくアップデートしていなければQRコード機能がまだ搭載される前のアプリを使用しているかのうせいがあります。

その場合は、最新版にアプリをアップデートしてください。

なお、Twitterの仕様変更を回避する目的でアップデートしていないのであれば、QRコードの読み取りアプリをインストールすれば読み取ることができます。

まとめ

ツイッターでQRコードを作成する方法を紹介しました。

友人や知り合い、お客さん等に自分のアカウントをフォローしてもらうのに便利なQRコード。是非、作り方から読み取り方をマスターしてみてくださいね。

関連記事