クロラボ

ワードプレスとツイッターを連携してアクセス数を伸ばそう!

2021.07.27

この記事ではワードプレスとツイッターを連携して、ワードプレスで作成したpページをツイッターで拡散させやすくする方法をメリット・デメリット合わせて紹介しています。

ワードプレスで作成したページを自動的にツイッターで投稿する方法も記載しているので自然検索以外でのアクセスを増やしたいと考えている人はぜひお読みください。

ワードプレスとツイッターを連携する

ワードプレスを使用してサイト運営をしていれば、より多くの人にページを読んでもらうことができるようにソーシャルメディアとの連携が重要となってきます。

ツイッターは数あるSNSの中でも拡散力が高いことが特徴でサイト情報をより多くの人に届けるのに最適です。

いくら質の良いページを量産していても誰にも読まれなければ、ページとしては価値がありません。

ツイッターと連携することによって検索エンジンからの自然検索(オーガニック検索)以外のアクセスも見込めるので是非、ワードプレスとツイッターの連携を試してみてください。

Twitterカードとは?

サイトとツイッターを連携する際に重要となってくるTwitterカードとは、ページをツイートした時に自動的にサムネイル画像を合わせて表示してくれる便利な機能です。

設定さえしっかりとしておけば、自分の運営しているWEBサイトでページを作成した後、ツイートすればアクセスが見込めるきれいなカタチのツイートを表示することができます。

ワードプレス初心者、ツイッター初心者の人でも簡単に行える設定方法なのでぜひ試してみてください。

ワードプレスとツイッターを連携する方法

ワードプレスとツイッターを連携させる方法を2つ紹介します。

1. All in One SEO Packを使用した連携方法

All in One SEO Packを使用してワードプレスとツイッターを連携するとページ毎にTwitterカードを設定する事ができます。詳しい手順は以下となります。

ツイッターアカウントで連携するサイトを登録する

  • Twitter「プロフィール」の「プロフィール編集」をクリックします。
  • 「ウェブサイト」の欄に連携するWEBサイトのURLを入力して「保存」をクリックして完了です。

All in One SEO Packで連携設定をする

Twitterの設定が終われば、次はワードプレスの管理画面でプラグイン「All in One SEO Pack」を用いてTwitterと連携します。

「All in One SEO Pack」をインストールしていない場合はインストールしてください。インストールした後以下の手順で連携の設定を行います。

  • ワードプレスの左メニュー「All in One SEO Pack」の「機能管理」をクリックします。
  • 機能管理ページの「ソーシャルメディア」を有効化します。(有効化すると青色になります。)
  • 有効化すると「All in One SEO Pack」メニューに「ソーシャルメディア」が追加されるのでクリックします。
  • 画像設定「OG:Image ソースを選択」でアイキャッチ画像を選択します。(デフォルトでも問題ありません。)
  • Twitter設定「デフォルト Twitterカード」で「要約(テキストメイン)」または「要約の大きい画像(画像メイン)」を選択します。
  • 「Twitterサイト」と「Twitterドメイン」を入力します。

Twitterサイトはワードプレス用TwitterIDを設定する欄で、ページの発行元を示すものです。ですから「Twitter投稿者を表示」にもチェックを入れてください。

チェックを入れた後、ワードプレスの左メニュー「ユーザー」から自分のユーザー名を選択して確認すると「All in One SEO Pack」の項目に「Twitter」と新しい項目が追加しています。@で始まるTwitter IDを入力することで設定は完了します。

最後に、Twitterドメインについては、自分のサイトのドメイン(https://は不要)を入力して、「設定を更新」をクリックしてワードプレス側の設定は完了します。

最後に連携が正常に完了しているかをTwitter公式が提供している検証ツール画面(https://cards-dev.twitter.com/validator)で確認します。

ワードプレスで投稿しているページのURLを入力して「Preview card」をクリックして緑色の文字でテキストが表示されていれば問題なく連携設定が行われています。

ページ作成時のワードプレスでのツイート設定方法

ワードプレスとツイッターの連携が完了すれば、ワードプレスで作成したページのタイトル・画像・ディスクリプションをTwitter上でどのように表示するかを設定することができます。詳しい手順は以下となります。

「All in One SEO Pack」をインストールして有効化しているとページ編集画面下部に「All in One SEO Pack」の設定画面が表示されます。

設定したい項目は以下の4つです。

  • タイトル…ツイートで表示させるタイトル
  • 説明…ツイートで表示させるページの概要
  • 画像…ツイートで表示させる画像
  • Twitterカードタイプ…テキストを目立たせたり、画像を目立たせたりするカードタイプを選択

ページを更新した際のツイッターの投稿方法

ページの作成とツイート設定を完了すれば、ページを公開しましょう。

そのあと、公開したページのURLをコピーして、そのままURLをツイッターの投稿画面に入力すれば、自分で設定した内容が反映されたTwitterカードを投稿することができます。

ツイートを投稿した後にTwitterカードの内容を変更したい場合は、ページ編集画面下部の「All in One SEO Pack」設定画面から変更できます。

Jetpackを使用した連携方法

ワードプレスのプラグイン「Jetpack」を使用してツイッターと連携すると作成したページをツイッターに自動投稿することができます。詳しい手順は以下となります。

  • Jetpackをインストール後有効化して「WordPress.comと接続」をクリックします。
  • WordPress.comにログインします。(アカウントがない場合は作成してください。)
  • 「Approve」をクリックすることでWordPress.comと連携することができます。
  • 新規アカウントを作成した場合は、プランを選択する必要がありますが「Free」プランで問題ありません。

Jetpackでツイッターと連携する方法

  • ワードプレス管理画面(ダッシュボード)から「Jetpack」の「設定」をクリックします。
  • 「設定」の「Sharing」を選択して「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックします。
  • WordPress.comの管理画面にアクセスするので、別画面で事前に連携したいツイッターアカウントにログインしておいてください。
  • WordPress.comの管理画面でツイッターの「Connect」をクリックします。
  • ツイッターの認証画面が表示されるので「連携アプリを認証」をクリックします。
  • 「Connecting Twitter」の「Connect」をクリックして完了です。

ツイッターと連携設定が完了した後に動作確認を行うため、ワードプレスで新規ページを作成して公開してください。問題なくツイッターに表示されれば正常に連携されています。

連携を解除したい場合は、「連携を解除」を選択すれば投稿がシェアされることはありません。

ワードプレスとツイッターを連携するメリット・デメリット

メリット

1. 外部からの流入を見込める

ページを更新する度にツイッターでページについて投稿すれば、何度もページを読んでくれる人がいるでしょう。

お役立ち情報などためになる質の高い情報を発信していれば、固定ファンがついてアクセス数アップにつながります。

ツイッターは趣味や関心等共通点を持った人とつながりやすいSNSなので、自分のフォロワーにとって読みやすく、悩みを解決するようなコンテンツ作成を意識すると何度も見てくれる可能性を高めることができるでしょう。

2. ページが拡散される

サイトを更新しているだけではアクセス数を伸ばすことが難しいです。

検索結果に上位表示されなければ、誰の目にも留まりません。しかし、ツイッターなどSNSと連携することによってSNS上で拡散される可能性があります。

ツイッターにはリツイートというツイートを拡散する機能がありますし、ハッシュタグを利用することでフォロワー以外の幅広い人に情報を拡散することができます。

3. ユーザーの感想を得られる

ページを読んだ人の生の声は貴重です。良い感想はサイト更新のモチベーションになりますし、ページ修正や改善点が見つかる可能性もあります。

ページのコメント欄よりツイッターのコメントは、ハードルが低く気軽に投稿することができるので、ページを読んだ人の感想を知りたい場合は、積極的にワードプレスとツイッターの連携を活用することをおすすめします。

デメリット

1. ネガティブな意見に耐えられるか

ページについての感想や意見はモチベーションに繋がるものだけではありません。中にはネガティブな意見をもらうことがあるので、サイト運営に支障をきたすおそれがあります。

気持ちが落ち込んだ状態ではページ作成が出来ない、質が下がってしまうなど、メンタルが弱い場合は連携することはおすすめしません。

しかし、高品質なコンテンツを作成しているのであれば、よっぽどのことがない限りネガティブな意見をもらうことはありませんのであまり心配することはありません。

2. 時間と手間がかかる

作成したページをツイッターで投稿する際のツイートを考えると時間と手間がかかります。

アクセスを集めるためにはどのような内容をツイートすれば良いのか、アイキャッチ画像はこのようにすれば目立つのではないかなど凝り始めると止まらないです。

もちろん、アクセスを伸ばすための対策は必要ですが、ツイッターで拡散することに時間を取られてしまうとページ作成の時間が減ってしまうかもしれません。

まとめ

ワードプレスとツイッターの連携方法について紹介しました。個人的には「Jetpack」より「All in One SEO Pack」を使用した連携設定の方がおすすめです。

「All in One SEO Pack」での連携は手動でツイッターに投稿するので、少し手間はかかりますが、よりアクセスを集めるTwitterカードの設定など簡単操作で行うことができます。

時間と手間を省きたい場合は「Jetpack」。好みの問題だと思いますので、自分に合ったプラグインをインストールして使ってみてください。

関連記事