クロラボ
YouTube

【YouTube】サムネの文字や画像を最適化してユーザーを引きつける方法

2021.10.27

YouTube上で多くのユーザーに視聴してもらえる動画は内容も大切ですが、それと同じくらい目を引くサムネイル作成も重要です。

文字や画像で動画内容を分かりやすく魅力的に伝えられるサムネイルを作成できれば今以上に視聴される可能性が高まります。

この記事ではより多くのユーザーに視聴されるためにクリックされやすいサムネイル作成について紹介します。

YouTube動画のサムネイルは超重要

YouTube上で動画を探すユーザーは、動画を再生する前にサムネイルから動画内容を想像して見るか見ないかを判断します。

視聴回数は「表示回数×クリック率」で算出されるので、ユーザーの目に留まる魅力的なサムネイル作りは動画の再生回数に結果として出るでしょう。

サムネイル作成【文字】のポイント

サムネイルの文字について気をつけたいポイントを紹介します。

動画タイトルと文字はかぶらない

サムネイルを確認したユーザーの次の行動として動画タイトルを確認する傾向にあります。ですから、動画タイトルと同じ文字をサムネイルに含んでしまうと動画内容に関する情報が重複することになります。

できるだけ多くの情報を届けるためには、動画に関連する一番伝えたいことを明確に伝えられる文字をサムネイルに設定しましょう。

バランスを意識する

テキストが小さいと何が書いているのかわからずユーザーが興味を持つ可能性が低くなります。しかし、だからといって大きなサイズであればよいというわけでもありません。

テキストは種類によってメリハリをつけることが大事です。

漢字や数字は大きめサイズで平仮名は小さくといったイメージです。そうすることによって、視認性が良くなることでクリックされる可能性が高まります。

また、サムネイルに設定した画像で協調させたい部分がテキストで隠れることがないよう配置することも重要です。また、右下の動画再生時間等ともかぶらないように気をつけましょう。

文字数とサイズを意識する

ユーザーが動画を視聴するかどうかはサムネイルを見て1秒の間に決めると言われています。したがって、その短い期間にユーザーに届くような簡潔で分かりやすい文字が求められます。

人間が一瞬で判断できる文字数は15~20文字だと言われているので、サムネイル内の文字数もその数字に抑えた上で、読むことができる、わかりやすい大きさを意識した文字を設定しましょう。

ターゲットに適したフォントを使用する

動画をどのターゲットに届けたいかによって文字のフォントを意識することはとても重要です。

動画のターゲットが男性の場合は太字、女性の場合は細字、子供向けの場合は平仮名を使用するといった工夫を行うことでサムネイルの雰囲気を変えることができるので、よりターゲットに動画を視聴してもらえる可能性を高めることができます。

動画ジャンルを意識する

YouTubeの動画サムネイルは動画のジャンルによって異なる傾向にあります。

例えば、ハウツー動画の場合は視聴することによるメリットをサムネイル内で文字にしたり、料理系の場合は、完成した料理が引き立つような「ふんわり」や「とろっと」といった表現する文字が使われることが多いです。

サムネイル作成【画像】のポイント

サムネイルの画像について気をつけたいポイントを紹介します。

動画内容がわかる画像を使用する

「分かりやすい」「伝わりやすい」サムネイルは良いサムネイルだと言えます。一目見て動画内容を想像することができれば、ユーザーの興味を引くことができるかもしれません。

どうすればユーザーが興味を引くのかを意識した画像選択が重要です。

人物の画像を使用する

YouTubeでは多種多様な業種の人や有名人、著名人がいます。「誰が発信している情報なのか」は動画再生回数に大きく関わってくるポイントとなります。

情報発信者がサムネイルに表示されているとユーザーは「信頼できる動画」だと認識することに繋がるでしょう。

ユーザーはもちろん動画内容を評価しますが、それと同時にどんな人が動画を撮っているのかも気になります。

サムネイル上で伝えることによってクリックしてもらえる可能性が高まることを期待できます。

スマートフォン表示を意識する

YouTubeの動画を視聴するユーザーの大半はスマホ端末で視聴していると言われています。

サムネイルはPCとスマホでは表示されるかたちが異なります。PC画面でサムネイルを作成した場合は、必ずスマホ画面でどのように表示されているのか確認しましょう。

画像の明るさや文字の大きさ等配慮して、小さな画面でサムネイルを見た時でも分かりやすい内容なのかを意識してサムネイルを作成しましょう。

サムネイルを作成する際の注意点

文字のフォントやサイズ、魅力的な画像を使用してユーザーが注目するサムネイルを作成することも重要ですが、YouTubeが定めるコミュニティガイドラインに違反していないものであることが最も重要となります。

以下の内容がサムネイルに含まれていると違反警告される可能性があるので気をつけてください。違反を何度も繰り返してしまうと、カスタムサムネイルが30日間使用停止になります。

さらにはアカウントが停止されることもあります。

  • 性的なコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 有害で危険なコンテンツ
  • ヘイトスピーチ

まとめ

YouTube動画を投稿する際により多くのユーザーに視聴してもらうために気をつけるべきサムネイル作成のポイントについて紹介しました。

文字サイズや使用する画像について抑えたい箇所を伝えているのでサムネイル作成の参考にしてみてください。

関連記事