クロラボ
Line

【LINE】タイムラインの画像/動画を保存する方法

2021.09.15

LINEのタイムライン機能を使用すれば、テキスト以外にも画像や動画で不特定多数の友達に簡単に近況の報告やイベントなどの告知をすることができます。

手軽に投稿できるので、友達と遊んでいる時などにパパッと撮影したものをそのままタイムラインに載せる人も多いのではないでしょうか。

実は、タイムラインに投稿された画像や動画はスマホ端末に保存することができます。

この記事では、タイムラインに投稿された画像や動画を端末に保存する方法を紹介しています。保存方法以外にも、保存する際に通知が相手に届くのかなどの疑問にも答えています。

タイムラインの画像を保存する方法

タイムラインに投稿されている画像を保存する方法を紹介します。LINEアプリを利用するスマホ端末はiPhoneとAndroid共に手順は同じです。

  • タイムラインから保存したい写真を選択します。
  • 写真画面右上「↓(ダウンロードボタン)」をクリックすれば保存完了です。

保存した写真は、iPhoneであれば「写真」アプリに、Androidならギャラリー・アルバム系のアプリ、もしくはファイルアプリなどから確認することができます。

タイムラインの動画を保存する方法

LINEアプリにはタイムラインの写真を保存する機能は備わっていますが、動画を保存する機能は存在しません。ですから、動画を保存する場合はひと手間かかります。

どうしてもタイムラインの動画を保存したい場合は、外部のダウンロードサービスやスマホ端末の機能を利用します。iPhoneとAndroidではやり方が異なるのでそれぞれの保存方法を紹介します。

Clipbox+:最新動画のみ/iPhoneのみ

あまり知られてはいませんが、LINEのタイムラインはブラウザでも開くことができます。
(https://timeline.line.me/)

iPhoneを使用している場合は、ブラウザでLINEを開いた状態で有名ダウンロードアプリ「Clipbox+」を利用します。

Clipbox+を利用して保存できる動画は、ユーザーが投稿した最新動画に限ります。過去の動画は保存することができないので注意してください。Clipbox+を使用した動画の保存方法は以下となります。

Clipbox+にログインする方法

  • 「Clipbox+」をiPhoneにインストールします。
  • ホーム画面「サーチ」から「ブラウザ」を開きます。
  • ページ上部にブラウザ版タイムラインのURL(https://timeline.line.me/)を入力してログインします。(ログインの際にLINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力、また本人確認を求められることもあります)

上記の方法でブラウザ版タイムラインにログインしますが、もしタイムライン上の動画の公開範囲が「全体公開」であれば、Clipbox+にLINEに登録しているメールアドレス・パスワードを入力せずに動画を保存することができます。

Clipbox+に動画を保存する方法

  • ブラウザ版タイムラインから保存したい動画を投稿したアカウントを選択します。
  • アカウントの個別ページが表示されるので、ページ下部「+」をクリックします。
  • 「Are you ok?」から「Really?」をクリックします。
  • 動画のファイル名を入力して、保存先のフォルダを選択した後「OK」をクリックすれば、最新の動画が保存されます。

保存先のフォルダをデフォルトの状態で動画を保存した場合、Clipbox+の「マイコレクション」で保存した動画を確認することができます。

Clipbox+の動画を端末に保存する

  • Clipbox+のマイコレクションを開きます。
  • 画面右上「Actions」をクリックします。
  • 端末に保存したい動画を選択します。
  • 画面下部の選択項目を左にスワイプして「カメラロール」をクリックすれば端末に動画します。

画面録画機能(スクリーンレコード)の場合:古い動画も可

Androidの場合はClipbox+を使って動画を保存することができません。

ですから、AndroidやiPhoneの標準機能である「画面録画機能(スクリーンレコード)」を利用して動画を保存します。画面録画機能を利用すれば、動画と音声を全て保存することができます。

iPhoneの場合

iPhoneの画面録画機能はコントロールセンターから使うことができます。

ホームボタンがないiPhoneの場合は画面上から下にスワイプ、ホームボタンがあるiPhoneの場合は画面下から上にスワイプすることでコントロールセンターを表示することができます。

コントロールセンターの画面収録ボタンを選択すると数秒後に画面録画が始まります。

保存した動画は「写真」アプリに保存されているので、動画画面右上「編集」をクリックして、冒頭や終わり部分をトリミングする等動画をきれいに整えましょう。

Androidの場合

Android 11以降のOSには画面録画機能が標準搭載されています。

  • クイック設定パネルを開き、ペンアイコンをクリックします。
  • 「スクリーンレコード」をパネルに追加します。
  • 追加した「スクリーンレコード」の「開始」をクリックすると画面録画が開始します。

上記の方法でLINEのタイムラインから動画を保存した後は、トリミングやカットを用いて編集しましょう。

おすすめ!タイムラインの動画をトークルームで送ってもらう

タイムラインの動画を保存する機能は備わっていませんが、トークルームに投稿された動画は保存できます。

タイムラインで見かけた動画は、友達が投稿しているでしょうから、直接動画を送ってもらえば、タイムラインに投稿された動画を画面録画機能や外部サービスを利用する必要はありません。

タイムラインの写真/動画を保存する際のポイント

タイムラインの写真/動画を保存する際に気をつけたいポイントをまとめました。

一個ずつしか保存できない

タイムラインに投稿する場合は最大20個の写真/動画を添付することができますが、保存する時にはたとえ1つの投稿に20個の写真/動画が添付されていたとしても1個ずつ選択して保存しなくてはなりません。

タイムラインに保存したい写真や動画がいくつもある場合は、保存するのに時間がかかるので気をつけてください。

画質が落ちる

タイムラインに投稿されている写真は画像サイズが圧縮されているので、オリジナルの写真と比べると画質が落ちます。

スマホ端末等画面が小さいデバイスで見る場合は、そこまで気になることはありませんが、PCやテレビ、プロジェクターなど大画面で表示したり、紙に印刷する場合はハッキリと写真の画質がわかってしまうのでおすすめできません。

きれいな写真を保存したい場合は、タイムラインに投稿した友達に連絡を取って写真を直接もらうと良いでしょう。

公式アカウントの画像は保存できない

LINEが認めている企業や有名人などのアカウントが投稿している広告画像は、タイムライン上に表示されていても端末に保存することができません。

写真をどうしても保存したい場合は、端末のスクリーンショット等の機能を利用して保存してください。また、動画についても上記の方法を活用すれば保存することができます。

なお、著作権等法に触れるようなことに保存した画像や動画を使用することは絶対にやめてください。

写真/動画を保存しても投稿元ユーザーにバレない

上記で紹介した保存方法を実行しても写真/動画を投稿したユーザーに保存したと通知が届くことはないのでバレることはありません。

相手に通知が届いて、保存したことがバレるかもしれないと保存を諦めていたなら安心してください。もし、通知が届くか心配な場合は、友達に頼んで自分で検証するのが良いでしょう。

まとめ

タイムラインに投稿されている画像/動画を見ていると保存したくなることがあります。上記の方法を試せば簡単に保存することができます。ただし、画像が圧縮されているので画質は落ちます。

きれいな画像を手に入れたい場合は、タイムラインに画像や動画を投稿した友達に直接トーク画面から送ってもらう方法をおすすめします。

関連記事