クロラボ
ドメイン

中古ドメイン販売ならクロラボ | 業界No.1のクオリティを保証します!

2021.06.23

このページを訪れたユーザーは、中古ドメインについてある程度知っている方ばかりだと思います。あらためて中古ドメインがいったいどのようなものか説明をする必要はないかと思いますが、おさらいとして軽く説明させて頂きます。

中古ドメインとは「過去に誰かが取得・運用していたドメインで、すでに外部リンクが貼られており、Googleに評価されているもの」を指します。

中古ドメインを上手く利用することが出来れば、立ち上げたばかりのサイトでも素早く集客が見込めるほか、サテライトサイトとして中古ドメインの持つPageRank(ページランク)を提供するといった様々な用途で役に立ちます。

しかし、気をつけなければいけないのは、中古ドメインそのものの質なのです。質が悪ければどのように利用しても良い結果を生むことが出来ずに、取り組んだ施策が水の泡になります。そうならないためにも、ぜひクロラボが提供する質の良い中古ドメインをご利用ください。

では、いったい質の良い中古ドメインとはどのようなものなのか説明します。

質の良い中古ドメインの絶対条件とは

中古ドメインの質を判断するのに大事な5つのポイントをまとめました。ご自身で中古ドメインを購入される際にも、必ず役に立つ情報です。

Googleは、私たちが怪しいと感じることや気づいたことは、必ず認識しています。以下に述べている点を自分で調べることが出来ない場合、または中古ドメインを自分で購入することに少しでも迷いや不安がある場合は、ぜひ私たちにお任せください。

クリーンな運営・利用をされていたのか

先ほど、中古ドメインは「過去に誰かが取得・運用していたドメイン」と紹介しました。ここでポイントなのはどのように運用していたのかです。

中古ドメインはahrefsなどツールを使用することで、Googleからの評価を数値化した指標を確認することができますが、どのようなサイトを運用してきたドメインなのかは辿ることが出来ません。

数字だけでは「過去にいくつの、どのようなサイトでどのような目的で利用されてきたのか」を確認することは出来ないのです。もし、中古ドメインを購入する場合は、お天道様に恥じないサイト運営、例をあげると実在するお店や会社などで利用されていたものが望ましいです。

私たちが質の良い中古ドメインを仕入れる時も、中国の動画サイトや北欧のアダルトサイト等を運営していた怪しい過去があるものは絶対に購入していません。

ペナルティを受けていないのか

Googleからペナルティを受けると、順位が下がることや、順位が上がらなくなることがあり、最悪の場合、検索結果に表示されなくなります。販売されている中古ドメインの中には、過去にペナルティを受けたことがある中古ドメインも数多く存在するので購入する際は注意が必要です。

検索結果に表示されないような中古ドメインを購入して、サイトを運営すれば、良い結果はでません。また、そのような中古ドメインを利用してサテライトサイトを立ち上げて外部リンクを設置すると、設置先のサイトの評価まで落としかねません。

購入前に、中古ドメイン販売業者が提示している情報をしっかりと確認して、判断することが重要です。

過去にペナルティを受けたことがある中古ドメインの特徴として、アダルトサイトやギャンブルサイトで利用されていた、またはサテライトサイトとして運営されていたケースがあげられます。もし、このような中古ドメインが販売されていた場合は購入を控えましょう。

貼られているリンクはどのような種類か

Googleがサイト(ドメイン)を評価する大きな要因は、外部リンクです。外部リンクが多いほどサイト(ドメイン)のパワーも高まり、検索表示にも良い影響を与えるといわれています。このサイトのパワーは、ahrefsなどのツールを使用すれば、誰でもサイト(ドメイン)の評価を数値で確認することが可能です。

ただし、数字が大きければそれだけ質の良いドメインだと考えるのは、timtamくらい甘いです。外部リンクは意図的に増やしたり減らしたりできるので、増やせばそれだけサイト(ドメイン)のパワーは高くなります。しかしながら、そのようにパワーが高まったサイト(ドメイン)を、Googleは良い評価を与えるでしょうか。

もちろん中古ドメインのパワーが大きいことに越したことはありませんが、大切なのは外部リンクの質です。ナチュラルリンクの数や運営されていたサイトとの関連性、また権威性や信頼性が高い政府が運営しているサイトに設置されているのかなども重要なポイントです。

もし、ツールを使用して購入を考える中古ドメインを確認した時に、意図的に貼られている外部リンクが大量に設置されていたリ、関連性の薄い外部リンクばかりであれば、質の良い中古ドメインとはいえないでしょう。

ドメインの年齢はいくつか

中古ドメインを選ぶ際に、作成されてからどれくらい時間が経っているのかも抑えておきたいポイントです。

Googleには、Sandbox Effect(サンドボックスエフェクト)と呼ばれるアルゴリズムが存在するといわれています。Sandboxとは砂場という意味で、「出来立てのドメイン」に適用されます。

Sandbox Effect(サンドボックスエフェクト)はどのようなものかといいますと、新しいドメインでサイトを運営をはじめて、配信しているコンテンツで上位表示を獲得したとします。しかし、配信していたコンテンツがある日いきなり圏外に飛んでしまいます。

順位を戻すために、どのようなSEO施策を行ったとしても圏外で、その様子はまるで砂場で家の鍵をなくした時の絶望感。ですが、しばらくたつと何事もなかったようにふたたび上位表示に戻ります。

これは「できたてホヤホヤのサイトだからGoogleは、まだ信用していない」から起こる現象といわれています。赤ちゃんがニュートンの定理を述べたとしても誰も信用しませんよね?そんな感じです。

正式に公表されていませんが、Sandbox Effect(サンドボックスエフェクト)が適用されなくなるのは、新しくドメインが作られてから3年以上経つ頃だといわれています。

ですから、中古ドメインを購入する場合は、3年以上運営されていたものを選ぶと良いでしょう。

Sandbox Effect(サンドボックスエフェクト)について知っていれば、たった1年しかたっていないサイトに外部リンクが山のようについていた場合、意図的に外部リンクが貼られたリスクあるサイトだという判断ができるようになるので、中古ドメイン購入の際は頭に入れておくと役に立ちます。

自身の立ち上げるサイトや既存のサイトとの関連性

中古ドメインの効果を最大限に活用する際に重要なことは、立ち上げたいサイトやサテライトサイトから外部リンクを飛ばすサイトとの関連性です。

これから飲食店のサイトを立ち上げようとしているのに、電気屋のホームページに使用されていた中古ドメインは関連性が低いですよね。関連性が低いとGoogleは、正しく評価をする可能性が低くなり、せっかく質の良い中古ドメインを購入したとしても効果的に使用することが難しくなります。

サイトとの関連性(ジャンルや地域など)がマッチしている中古ドメインを購入すれば、最大限に効果を発揮できるので、上位表示までの時間がショートカットできます。

クロラボの中古ドメインの特徴

クロラボで取り扱っている中古ドメインはどれも自信を持って提供することができる質の良いものです。また、販売ページでは「中古ドメイン購入を考えるユーザーが欲しい情報を提供する」をモットーに、過去の運用履歴や購入後どのようなサイトで運用すれば力を最大限に引き出せるかといった情報まで網羅的にまとめています。

  • いくつのサイトで運営されていたのか:1つ
  • どのようなサイトで利用されていたのか:ラーメン屋
  • ペナルティを受けたことがあるのか:無
  • ドメインの年齢:5
  • リンクの数:100
  • 特別なリンクの数:1(Wikipedia)
  • 過去にSEO対策が行われていたのか:無
  • どのようなサイトを作成する際に利用できるドメインなのか:飲食

ランキング効果のある中古ドメインだけを販売している。

クロラボは、徹底的な調査で、様々な要因から検索順位を高める効果やサイトパワーを高める効果がある中古ドメインのみを取り扱っています。

ツールで表示される数値だけで中古ドメインの質を判断するのではなく、過去の運用履歴や設置されている外部リンクの質、関連性など、細かく精査しています。そのため、自信を持って質の良い中古ドメインを提供していると言い切れます。

職人の技で1つ1つのドメインを厳しくチェックし、高品質な中古ドメインだけ販売している。

過去にアダルトサイトやギャンブルサイトなど怪しい運用がされていないか、ペナルティを受けていないかなど、仕入れの際に何度も確認した後、中古ドメインを購入します。

購入後も定期的にペナルティを受けていないのか確認するので、クロラボの中古ドメインを使用して検索順位に悪い影響が出る可能性は限りなくゼロです。

中古ドメイン購入後のカスタマーケア。(上位ランキングできるためのメールサポート)

クロラボは中古ドメイン販売のみならず、サイトを立ち上げてから、より素早く上位表示するためのサービスを提供しています。販売してから終わりではなく、長くお客様のサイトを見守ることが私たちの強みです。

成功しているサイトは中古ドメインを使用している

中古ドメインを使用して成功しているサイトはいくつもあります。

新しくサイトを立ち上げた場合は、新規ドメインに比べて検索結果に表示されるスピードが早く、検索上位に表示されやすいです。また、サテライトサイトとして外部施策に利用すれば、中古ドメインのパワーを既存のサイトに流して検索上位に表示されやすくすることが可能です。

中古ドメインはSEOに有利で集客にも効果的?

中古ドメインを使用すると検索結果に表示されやすくなると上記でお伝えしました。

検索表示されるページが多いので、クリック数(訪問者数)も伸びやすいため、中古ドメインはSEO対策で集客をしたい方にとって大変有効であると言えます。

Googleがサイト(ドメイン)を評価する最大の要因である外部リンクが最初から集まった状態は、これまでに自身でサイトを運営された方なら、どれだけ恵まれた環境なのか理解できますよね。

中古ドメインは高いモノだと何十万もするケースもありますが、新しいサイト(ドメイン)を一から育てる膨大な時間と手間をお金で買えると考えれば納得するのではないでしょうか。

質の良い外部リンクを1個設置する際の金額を1万円と考えた時に、100個の外部リンクが設置されている質の良い中古ドメインが、数万円で販売されていれば買いませんか?

集客は世界の情勢や流行に乗り、いかに素早く情報発信できるかが重要となります。発信したい情報を最速で多くの方に届けたい時に、中古ドメインほど頼りになる存在はありません。

どのようなカタチで中古ドメインは利用されているのか

中古ドメインを購入した場合、どのような使い道があるのかをご紹介します。使い方が決まっていて中古ドメインを探されている方も参考になるので、ぜひご覧ください。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、成功報酬型広告をサイトに掲載し、商品やサービスを販売する広告代理店のようなビジネスです。

始めるのに多額の資金を必要としないため比較的誰でも取り組めるので人気があります。

中古ドメインは、これからアフィリエイトを始めようと考えている方に有効です。なぜなら、アフィリエイトを始めたからといってすぐに成果を上げることは難しいから。

誰でも簡単に始められるビジネスだということもあり、現在、インターネット上にはいくつものアフィリエイトサイトが乱立しているため、新しいドメインでサイトを立ち上げても成果を上げるにはかなりの時間を必要とします。

サイトの内容も大切ですが、中古ドメインを使うことで、より早く成果を上げることが期待できます。

サテライトサイト

サテライトサイト(別サイト)とは、自身が運営しているサイト(本サイト)のSEOや集客のために、別に立ち上げるサイトを指します。

主に、自身が運営しているサイトの外部リンクを増やすための目的で使用されます。SEOにおいて外部施策はかかすことができない存在なので、ほとんどのSEO業者は多数のサテライトサイトを管理・運用しています。質の良いドメインを用いて作成されたサテライトサイトからの外部リンクは、本サイトを上位化させるのに非常に役に立ちます。

しかし、質の悪い中古ドメインを用いてサテライトサイトを運用してしまうと、本サイトの順位を下げる結果となる可能性が高くなります。リスク無しで行うことは出来ませんし、サテライトサイトを使用してSEO対策を行う場合は、豊富な知識と経験を必要としますので、素人が手を出すことはおススメしません。

ホームページ

自身の会社やお店の商品やサービスを紹介したい、またはインターネット上から実店舗に集客したいと考えている方にも中古ドメインは非常に有効です。立ち上げるサイト内容と関連性が高い中古ドメインを使用すれば、素早くネット上に伝えたい情報を拡散することができます。

中古ドメインを使うべき人

中古ドメインは、成果を上げたいアフィリエイターや商品やサービスの魅力を発信したい企業や個人、ビジネスとしてSEO対策に取り組んでいる専門業者の強い味方です。

「時間と手間をかけることなく、早く成果を出したい」「SEO対策が上手くいかずになかなか上位表示させることが出来ない」という方の解決方法になること間違いなしです。

しかし、中古ドメインは、SEO施策や集客においてあくまで一つの要因なので、質の良い中古ドメインを使うだけでは、必ず効果があらわれるということではありませんのでご注意ください。

中古ドメインを使ったうえで、ユーザーや検索エンジンに高品質なコンテンツを作成しサイト構築を行うことが大切です。

誰でも出来る中古ドメインの取得方法

わたしたちのような中古ドメイン販売業者を介さなくても、個人で中古ドメインを購入することができます。代表的な方法をご紹介します。

ツールを使って購入する

ネット上には中古ドメインを購入する際に役に立つ便利なツールがいくつも存在します。有料で使用できるものから無料のものまで、それを組み合わせて使用することで、質の良い中古ドメインを探し出します。

Spamzillaを利用すれば、現在どのような中古ドメインが世の中にあるかを把握することができます。そして、Wayback Machineで、中古ドメインが過去にどのようなサイトで運営されていたのかを視覚的に確認することや、whois.comでは中古ドメインが作られてから何年経つのかもわかります。

外部リンクの数や種類を確認したい場合は、ahrefsを使用します。このようにいくつものツールを用途に合わせて使い分け、中古ドメインをチェックします。

私達の取り扱う中古ドメインは、上記の方法で、年齢や関連性、外部リンクの質、過去の運用歴など、何十回ものチェックを終えてからお客様に提供させていただいています。

ずっとPC画面とのにらめっこ状態になるかなり根気が必要な作業。そして、時間をかけたから質の良いドメインが見つかるというわけではないので、すぐに質の良い中古ドメインが欲しい方は業者に依頼する方が良いでしょう。

海外サイト(オークションサイト)で購入する

海外には、あらかじめ質の良いドメインのみリストアップされているオークションサイトが存在します。

中古ドメインは、これまでどのように運営されていたのか、これからどのようなサイトで運営するのに向いているかなど購入に役立つ情報がわかりやすくまとめられています。

簡単に質の良い中古ドメインは見つかるのですが、手に入れるにはオークションに参加する必要があるため、落札日はPC画面に張り付いていないといけません。

さらに、毎日大量にドロップアウトした中古ドメインが流れてくるため、数が多すぎるがあまり自身の利用目的に合うものを探すのにやはり時間がかかります。

また、表記は全て英語となります。英語を使えない方はオークションサイトを利用する場合、間違った解釈をしないよう翻訳ツールなど使用しながら気をつけて利用しましょう。

中古ドメイン販売サイトで購入する

中古ドメイン販売サイトから中古ドメインを購入するのが、定番の方法です。しかし、業者の質が低いと品質の良くない中古ドメインを購入してしまうことになるので注意が必要です。

どこまで情報が公開されるかにもよりますが、購入する前にできることなら上記で紹介したツールを使用して自身で確認することをおススメします。

購入から使用までのフロー

①探す
②購入申し込み
③納品
④サイト作成
⑤アフターフォロー

(無料相談お問い合わせフォーム)

関連記事