クロラボ
SEO

サテライトサイトとペナルティについて

2021.06.23

メインサイトのアクセス数を高めるためや、ドメインパワーを高めるために用いられるサテライトサイト。この記事では、検索エンジンがペナルティを受ける可能性があるサテライトサイトや、ペナルティを受けないサテライトサイトの作成方法を紹介します。

サテライトサイトとは?

サテライトは英語で「衛星」という意味を持ちます。

メインで運営しているサイトとは別で立ち上げる(打ち上げる)衛星のようなサイトで、メインのサイトへ集客するため、または外部SEO対策のために作成されます。

サテライトサイトにメインサイトの被リンクをはることでドメインパワーをメインサイトに受け渡すことが可能です。

ただし、SEOの高度な技術と知識を有していない場合は高い確率でメインサイトがペナルティを受けて、検索順位が下がったり、最悪の場合、検索結果に表示されなくなるため細心の注意が必要です。

集客については、メインのサイトで扱っていない種類の情報を提供することで、メインサイトでは取り込むことが出来なかったターゲット層を取り込む役割があります。

オウンドメディアと異なる点

サテライトサイトは、メインサイトへの集客、もしくはメインサイトのドメインパワーを高めるための外部対策を行う目的で作成されます。

一方、オウンドメディアは、自身のサービスや商品情報を自由に発信して、ユーザーのコンバージョンにつなげる目的で運用されます。

それぞれ別々のドメインで作成され、お互いに関連性がないように工夫することで外部SEO対策を行う際にペナルティを受けるリスクを減らして運用されます。

ペナルティの対象となるサテライトサイト

被リンクを獲得する為だけに運用される質の低いサテライトサイトが過去には大量に存在しました。

現在、Googleは、リンクの質も評価するようになったので、質も更新頻度も低いサテライトサイトは、ユーザーにとって価値があるサイトだとは言えないので、SEO対策の点でもマイナス要因となります。

もし、ペナルティを受けないサテライトサイトを作成したい場合は以下の3点に気をつけてください。

  • ユーザーの為になるコンテンツを配信
  • 更新頻度が低くない
  • いくつもの似たようなサテライトサイトを作成しない

サテライトサイトの特長

メインサイトのドメインパワーを高める目的でサテライトサイトを作成する場合は、すでにドメインパワーが貯蓄されている中古ドメインが使用されることが大半です。

中古ドメインの中には、問題がないものもありますが、過去に検索エンジンからペナルティを受けたものや、過去にアダルトサイトやギャンブルサイトで使用されていた質の悪いものが存在します。

ですから、最悪の場合はメインサイトのドメインパワーは高まりますが、検索エンジンからは低い評価を受けることがあることも考えておかなければなりません。

外部対策にサテライトサイトを使用するなら、専門的な知識と経験、技術を備えているスペシャリストに依頼することをおすすめします。

集客としてサテライトサイトを運用する場合は、メインサイトでは配信することが出来ない他社比較の内容など、自社以外の商品・サービスの紹介などするメディアとして活用できます。

自社の商品やサービスを知らない、購買意欲がないユーザーに対して、接点を持つことが出来るサテライトサイトにメインサイトの被リンクを貼ることで、メインサイトの集客を増やせます。

サテライトサイトを経由してメインサイトを訪れるユーザーは、購入意欲が高まった状態なのでコンバージョンが期待できます。

ペナルティを受けないサテライトサイトの作成方法

外部対策を目的にしたサテライトサイトとメインサイトへのアクセス数を増やす目的で作成するサテライトサイトの作成方法を紹介します。

1. 外部対策が目的のサテライトサイト

外部対策を行うサテライトサイトは必ず、メインサイトとは別ドメインで作成します。サテライトサイトにメインサイトの被リンクを貼ることで、メインサイトの被リンク数を増やしドメインパワーを高めることを目的とします。

数年前までは、被リンクを貼るためだけの質の低いサテライトサイトが多数存在しましたが、そのようなサテライトサイトは検索エンジンからペナルティを受ける対象となります。

ですから、サテライトサイトでもメインサイトと同様にコンテンツを多数配信して、アクセスが集まるように継続してサイト作りを行う必要があります。メインサイトと並行して運用しなくてはいけないので、人件費と時間がかかる作業となります。

現在は、自身でサテライトサイトを作成して外部対策を行うのではなく、SEO業者に外部対策を依頼して、メインサイトのドメインパワーを高めて上位化を目指すことが多いです。

2. 集客が目的のサテライトサイト

一つのサイトで複数のターゲットを設定するのは、サイトのコンセプトを決定する点でおすすめできませんし、効率的なSEO対策ができるともいえません。

サテライトサイトでは、メインサイトでは扱いきれなかったキーワードを使用して、集客のためのコンテンツを作成します。

メインサイトのテーマが大きくなる場合は、各テーマのサテライトサイトを作成してください。メインサイトと同様に定期的に更新していれば、それぞれのサイトでより専門的なユーザーにとって価値がある情報を提供できるサイトになるでしょう。

また、第三者目線でサイトを立ち上げれば、メインサイトにアクセスを促すために幅広い枠でコンテンツを作成することができます。

メインサイトには、購入を考えているユーザーがアクセスしますが、サテライトサイトは、比較や評価、おすすめなど情報を探しているユーザーがアクセスします。

そのことを意識して、メインサイトで取り扱っている商品やサービスについてのコンテンツを作成しましょう。

まとめ

今回はサテライトサイトのペナルティについて紹介しました。

外部SEO対策だけの目的のためにサテライトサイトを作成してしまうとどうしても質の低いサイトとなってしまい、検索エンジンからペナルティを受ける可能性が高まります。

サテライトサイトは、小型のメインサイトのイメージで、同じように時間と手間をかけて育てていく必要があります。

関連記事