クロラボ

【Twitter】タイムラインに表示されない場合の対処法

2021.08.16

この記事ではTwitterのタイムラインでフォローしているアカウントのツイートが表示されない場合の対象法を紹介しています。

Twitterのタイムラインに起こる不具合とは

Twitterのタイムラインとは、自分がフォローしているユーザーの投稿が表示される場所を指します。

このタイムラインは度々不具合が発生するとして時系列でツイートを表示させない、ツイートの表示自体がされないということが起こります。

タイムラインの表示されないエラーの対処法

再起動する

スマホからTwitterアプリを使用している人はタイムラインの表示に問題が起こる場合があります。

タイムラインが表示されないのであれば、スマホアプリを閉じましょう。完全にアプリを閉じた後に再度スマホアプリ版Twitterを起動します。

アプリを最新バージョンにする

Twitterアプリを起動せずに長年放置しておくと古いバージョンのままとなっており、その場合様々な不具合が起こる可能性が高いです。

アプリのバージョンを確認して古いバージョンであれば、新しいバージョンにアップデートしましょう。

スマホの再起動

スマホは精密機器ですから、ちょっとした衝撃で液晶が破損したり、長時間操作していると本体が熱くなります。

Twitterアプリに不具合がなかったとしてもスマホ本体に問題が存在すれば、アプリ版Twitterが正常に働かないおそれがあります。一度、スマホの電源を落として、再度電源を付けてください。

通信環境を確認する

通信環境が悪ければ、Wi-Fiの接続状況を確認してみましょう。接続状況が悪いとネットへの接続が不安定となりタイムラインの更新がストップするといった読み込みエラーが発生する恐れがあります。

ですから、そのよう場合は、安定してWi-Fiに繋がるお店やカフェに移動するのがおすすめです。

タイムラインを時系列に並べ替える

タイムラインを時系列・新着順に表示できる機能は2018年9月に導入されました。タイムラインにはユーザーに関心度が高いと判断されたツイートも表示されています。

時系列ごとではなくバラバラに表示されていることで、ツイートを見落とす可能性があります。タイムラインに表示されるツイートを時系列順にすることによって、見落としがなくなります。

タイムラインを時系列順にする方法

  • スマホ版Twitterにログインします。
  • 画面右上にある星マーク(スパークルボタン)をクリックします。
  • 「最新ツイートに切り替え」を選択すると「最新ツイートが投稿順に表示されています」と表示されるので完了です。

タイムラインを設定は自動的に切り替わります。数日ほどTwitterを利用しないでいるとログインした際に標準の設定に戻っています。

キーワードミュート設定を見直す

特定のキーワードを表示させないミュート設定を過去にしていることが原因でタイムラインにツイートが表示されていないのかもしれません。以下の手順でミュート設定を確認してください。

ミュート設定の確認方法

  • メニュー「設定とプライバシー」をクリックします。
  • 「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。
  • 「ミュート中」の「ミュートするキーワード」へ進むと現在ミュート設定しているキーワードを確認できます。

ミュートする対象を選択することができるので、「すべてのアカウント」にチェックしている場合は、「フォローしていないアカウント」にチェックを入れてください。

そうすれば、フォローしているユーザーがたとえミュート設定しているキーワードを含むツイートをしたとしても表示されます。

キャッシュの削除

以前、Twitterの不具合で、プロフィールページの最近のツイートが表示されない不具合が起こったことがあります。

その際の対処方法として一度、アカウントからログアウトして、キャッシュをクリアした後に再度ログインするという対処法がアナウンスされました。

まとめ

Twitterを使用していると様々な理由でタイムラインが正常に表示されなくなる場合があります。上記で紹介した方法をためしていただくと、タイムラインで問題なくツイートが表示されるでしょう!

関連記事