クロラボ

ツイッターで「このアカウントは一時的に制限されています」と表示されたら?

2021.08.10

ツイッターを利用している際に「このアカウントは一時的に制限されています」と表示された時にどうすればよいかわかりますか?

この記事では、「このアカウントは一時的に制限されています」と表示される原因と表示された際の対処法について紹介しています。

Twitter「このアカウントは一時的に制限されています」

ツイッターを利用していると「このアカウントは一時的に制限されています」と自分や他人のアカウントで表示されるのを見たことがある人もいるでしょう。

これは一部の機能が制限されているアカウントに対して表示されるメッセージです。

「一時的な制限」とはアカウントの凍結ではないですが、注意勧告されている状態となるので、適切に対処する必要があります。

詳しい情報はこちら

表示される原因

「このアカウントは一時的に制限されています」が表示される原因はいくつか存在しますが主な原因として以下の2つが挙げられます。

  • ツイッターのルール違反
  • ツイッター利用中の不審な動作

ツイッターのルール違反

ツイッターのルール違反が原因の場合は以下のような文言が表示されます。

注意:このアカウントは一時的に制限されています。ツイッタールールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?

ツイートが原因

ルールを違反する内容のツイートを投稿した場合に「このアカウントは一時的に制限されています」と表示される可能性があります。以下がツイッターのルールに違反するツイートの具体例です。

  • 暴力をほのめかす脅迫
  • テロ行為または、暴力的過激主義をほのめかすことや助長すること
  • 児童の性的搾取に該当する画像や動画など
  • 他者への攻撃的な発言や嫌がらせ
  • 人種や民族、出身地、性的指向、性別、障害などを理由にした差別発言(ヘイト行為)
  • 自殺、または自傷行為をほのめかすことや、助長すること
  • 暴力的・成人向け画像/動画の投稿
  • 違法または特定の規制対象商品・サービスの販売・購入・取引の促進

さらに詳しく知りたい方はツイッターのヘルプセンター「Twitterルール」の「セキュリティ」項目を見ればわかります。

URL: https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-rules

プロフィールが原因

プロフィールにルール違反である規制対象の文字が含まれていたら制限の対象にかかってしまうことがあります。

攻撃的な発言や犯罪行為をほのめかすような発言をプロフィールページに掲載してしまうと制限されるかもしれないので言葉選びは慎重に行いましょう。

ツイッター利用中の不審な動作

ツイッター利用中の不審な動作が原因の場合は以下のような文言が表示されます。

注意:このアカウントは一時的に制限されています。不審な操作(不審な行為)が確認されているアカウントです。表示してもよろしいですか?

ツイッターでは他アカウントに迷惑が掛かる行為をすることが禁止されています。ですから、迷惑行為をしていると判断された場合は制限がかかる可能性があります。具体的に迷惑行為となるのが以下となります。

一気に大勢のアカウントをフォローする

短時間で大勢のアカウントをフォローした場合は迷惑行為だと判断される可能性があります。

ツイッターで自動的にツールを使用してフォロワーを集めるツールがネット上では販売されており、商品や自分のブランディング力を高めるために使用している人もあります。

このようなツールを使用していなくとも一気に大量のアカウントをフォローする行為は控えましょう。

また、自分は気をつけていたとしても、何かのきっかけで自分のツイートがバズり、大量にフォロー数/フォロワー数に変動があった場合、一時的にサーバーやアプリに負荷がかかってしまうので、それを防ぐ目的で一時的に制限がかかることがあります。

ツイッターのシステム上、1つのアカウントで1日400アカウント(認証済の場合1000アカウント)までと、フォロー数が決まっています。

ツイートの数や内容が不自然

短時間で大量にツイートを投稿したり、同じ内容のツイートを繰り返し投稿・削除をすると不審な操作があったと認識されてアカウントが一時的に制限されてしまいます。

大量のツイートはツールを使用せずに手動で行ったとしてもツイッターはBOTが自動的にツイートしていると勘違いすることもあり、その場合はスパムアカウントだと判断されツイッターアカウントが制限対象となります。

また、それ以外にも「短時間でフォロー数/フォロワー数に大きく変動があった場合」や「短時間で大量にブロック・リムーブを行った時と同様にサーバー・アプリの負担を抑えるために制限がかかることもあります。

他アカウントのツイートに過剰に反応する

他アカウントが投稿したツイートに過剰に反応して「いいね」やリツイートをするなどフォロワー数を増やす目的で動くとスパム行為と判断されるおそれがあります。

タイムラインで流れてくるツイートに手当たり次第「いいね」やリツイートをする行為は不自然な行動とツイッターに受け取られても不思議ではないので、短期間に過剰に反応することは控えましょう。

「このアカウントは一時的に制限されています」の対処法

「このアカウントは一時的に制限されています」と表示された場合にどのように対処すればよいのか紹介します。

電話番号認証

電話番号が登録されておらず、乗っ取りやなりすましされていると判断されたアカウントは、ツイッター機能が制限されることがあります。

その場合は、電話番号を認証すれば制限が解除される可能性もあります。

認証を行うための携帯電話の番号は固定ではなく「090, 080, 070」から始まる携帯電話の番号が必要になります。「050」から始まるIP電話番号では認証できないのでご注意ください。

電話番号認証の方法

  • スマホアプリ版ツイッターもしくはブラウザ版ツイッターにログインします。
  • メニュー「設定とプライバシー」から「アカウント」をクリックします。
  • 「アカウント情報」の「電話番号」をクリックします。
  • 「電話番号を追加」に電話番号を入力します。

入力した電話番号に認証用コードが記載されているショートメールが届くので、認証コードを「認証用コード」に入力すれば完了です

待つ

「このアカウントは一時的に制限されています」が表示されてから一定時間経つと制限が解除されます。

「このアカウントは凍結されています」「このアカウントはロックされています」と表示された場合は、Twitterに異議申し立てを行う解決方法がありますが、一時的な制限の場合はしばらく待つことで解決します。

異議申し立て

「このアカウントは一時的に制限されています」が表示されてから、しばらく待ったとしても何も解決しない場合は、ツイッターのヘルプセンターから異議申し立てを行うことで制限が解除される可能性があります。

異議申し立ての方法

  • ツイッターにログインします。
  • ヘルプセンター(https://help.twitter.com/ja)にアクセスして「お問い合わせ」をクリックします。
  • お問い合わせ内容の選択項目から「ログインとアカウントの問題が発生した」をクリックします。
  • 次の選択項目から「アカウントがロックされた、または凍結された」をクリックします。
  • 画面に従い、異議申し立てに必要な情報を入力して送信すれば完了です。

異議申し立ての内容をツイッターが確認して、問題がないと判断された場合はアカウントの制限が解除されて全ての機能が使えるようになります。

異議申し立てをすればすぐに制限解除されるというわけではなく、解除されるまでの時間もわかりません。

ですから、解除されるまではゆったりと待ちましょう。いつまで待っても制限が解除されない場合は再度お問い合わせから異議申し立てを行ってください。

何度も制限がかかると大変なことに

時間が経てば解除されるからと言って、何度もツイッター上で制限がかかる行為を繰り返していると、アカウントが永久凍結してしまうことがあります。

なぜ、アカウントが制限を受けたのかをしっかりと把握して自分が対応できることはしっかりと対応して制限されないように気をつけましょう。

まとめ

ツイッターで「このアカウントは一時的に制限されています」と表示された場合の原因と対処方法について紹介しました。他のアカウントに迷惑をかける行為は控え、ルールを守って楽しく利用しましょう♪

関連記事