クロラボ
Line

【LINE】本名で利用するメリット・デメリット

2021.09.02

様々な種類のSNSがありますが、どのサービスを利用するにも専用のアカウントを作成する必要があります。その時に一番悩むであろう問題が登録名です。

利用するアカウント名を本名で登録するのかニックネームなのか偽名なのか。この記事では、LINEを本名で利用する場合のメリット・デメリットを紹介します。

LINEは本名で利用するもの?

LINEは本名で登録しなければならないというルールは存在しません。日本で最も多くのユーザーが利用しているLINEでも本名以外でアカウントを作成しているケースは大量にあります。

しかし、本名以外で登録してしまうとメッセージをやり取りしている相手を混乱させてしまうことがないか不安になりませんか?

あなたが登録した名前はどのように相手にどのように表示されるのか気になると思います。

名前表示のルール

LINEに限らずSNSで登録するアカウントに本名を使用している人は多いと思います。

これからの時代、個人で商品やサービスを提供していく人が増えていくことが考えられるので、個人アカウントを開設して自分自身について発信していく人が今以上に増えてくるでしょう。

そのような人は本名でアカウントを運用しているケースが多いです。

LINEでは登録する名前は本名でもニックネーム、偽名でも自由ですが、表示する際のルールが定められています。

アドレス帳に登録している名前で表示される

LINEをインスト―ルして利用し始める際に、端末のアドレス帳への紐づけを許可するかどうか選択できます。

紐づけを許可するとアドレス帳に登録されている人がLINEを利用している場合は、LINEの友達一覧に表示されるようになります。

その際に、友達一覧に表示された人がLINEに登録している電話番号とあなたのアドレス帳に登録している友達の電話番号が一致すれば、アドレス帳に登録されている名前がLINEの友達の名前として表示されます。

登録した人が設定した名前で表示される

QRコードやID検索を使用して、端末のアドレス帳に登録されていない人を友達としてLINEに登録した場合、表示される名前はLINEに登録されているものではなく、登録する人がその時に設定した名前になります。

また、すでにアドレス帳に登録されている人にLINEで友達の追加を許可の設定をOFFにしている場合は、設定した名前でLINEに登録されます。

本名を利用するメリット・デメリット

本名を利用するとメリットだけではなくデメリットも存在します。メリット・とデメリットを理解した上でLINEに登録しましょう。

メリット

本名でLINEを利用することで様々なメリットがあります。その中でも主となるメリットを紹介します。

ビジネスで利用できる

本名をLINEに登録していると仕事でも使えます。ビジネスのやり取りでも頻繁に利用されているLINEは本名で登録しておくことで、営業や初対面で会う相手に名前を憶えてもらいやすいメリットがあります。

また、偽名やよくわからない名前を登録しているより本名を登録している方が誠実で真面目な印象を相手に与えることができます。

初めて会った人でLINEを交換した際に本名ではなかったらどんな印象を持たれるでしょうか?顧客や仕事仲間の信頼を得たい場合は本名を使用することをおすすめします。

調べてもらいやすい

本名でLINEを利用しているとLINE内で探した時に見つかりやすいです。本名ではない場合は忘れられたり、メッセージを送る際にもスムーズに送れない可能性もあります。

また、友達検索で使用するLINE IDを本名に設定している場合は、ID検索でもスムーズに本人だと気づいてもらえるので、友達追加してもらいやすくなります。

デメリット

本名を使用するとデメリットも存在します。デメリットをしっかりと把握しておくことで、本名でLINEを使用した際も注意しながら利用することができます。

個人情報などセキュリティが心配

本名は個人情報です。本名で利用していると個人情報が流出する恐れが高まります。投稿するメッセージや写真、動画等十分に気をつけなければいけません。

友人や・家族など限られた人とのみコミュニケーションを取る分にはそこまで気にする必要があるかはわかりませんが、投稿内容などから簡単に自分がどこに住んでいるのか特定される恐れもあります。

個人情報が流出してしまうと、ストーカーや暴行、盗撮など更なる問題を引き起こすきっかけとなる場合が多いです。

気軽に教えられない

自分が知っている相手や信頼できる相手だけとLINEのやり取りをするわけではありません。

これから何人もの人と会い、LINEを交換する際に初対面だとどんな人が全くわからないこともあるでしょう。自分の個人情報を素性のわからない人に漏らすことはリスクでしかありません。

ニックネームや偽名を利用するメリット・デメリット

本名とは別にニックネームや偽名を利用するメリット・デメリットを紹介します。本名を使用する際の比較情報をとして参考にしてください。

メリット

ニックネームや偽名を使用する際のメリットをお伝えします。

親しみやすさ

アカウント名がニックネームや柔らかい名前を設定していると相手に親しみやすい印象を与えることができます。

ニックネームを付ける際は自身の特徴に関する名前を選択することで自分と相手の距離を近づけることもできます。

セキュリティ面で安心

本名でLINEを使用しないので、個人情報が流出する恐れも少なくなります。また、アカウントの乗っ取りなど本名を登録していることに比べると悪用される可能性も低くなります。

気軽にアカウントを教えられる

本名ではないので、アカウントを教えても普通にLINEを利用していたら個人情報を詮索されることはありません。

マッチングアプリや合コンなど素性を知らない相手に対しても本名を登録していることに比べると気軽にアカウントを教えることができます。

デメリット

ニックネームや偽名を使用することによるデメリットを紹介します。

ビジネスで使用しづらい

ニックネームなどを登録していると仕事で使う際に砕けすぎた印象を与えてしまうことがあります。ちゃらちゃらやふわふわした印象を相手に与えることで、仕事に影響を与えてしまうおそれがあります。

誰だか相手に伝わらない

本名を登録していない場合は、誰だかわからないので、久しぶりに連絡を取る相手に自分のことが伝わらない可能性があります。

なぜ本名ではなくこの名前を使っているのか聞かれた時に気まずくなるような名前を登録しないように気をつけましょう。

プライベートがバレる

SNSやネットゲームなどインターネット上のつながりが多い人はLINEやTwitter、Instagramなどアカウント名を統一していることがあると思います。

統一している状態でビジネスシーンにLINEを利用していると会社以外での活動がバレてしまうおそれがありますので気をつけましょう。

本名のアカウントを教えたくない時の対処法

本名のLINEアカウントを教えたくない場合は、LINEアカウントを持っていないふりをしてTwitterやInstagramなどSNSのDMでメッセージのやり取りを行う提案をしましょう。

Instagramの場合は、フォローしている、していない関係なくDMを送ることができるのでLINEと併用して利用しているケースも多いです。

また、もう一つの方法としてLINEのオープンチャットの提案です。オープンチャットは利用する前に、オープンチャット専用のアカウント名を登録できるので、本名を使用していてもバレることはありません。

また、友達登録していない相手とも自由にメッセージのやり取りをすることができます。

本名・ニックネームに登録名を変更する方法

  • スマホアプリ版LINEにログインします。
  • 右上の歯車アイコンから「プロフィール」をクリックします。
  • 「名前」に現在の名前が記載されているので、新しく希望する名前を入力して「保存」をクリックすれば完了です。

新しく変更する名前の注意点

LINEのアカウント名を新しく変更する際の注意点を紹介します。変更前に確認することをおすすめします。

名前には文字数制限がある

LINEのアカウント名を本名やニックネームに変更する際の注意点が2つあります。

まず1つ目は、登録する名前には文字数制限があることです。20文字以内の名前でないとLINEに登録することはできません。20文字以上の名前を登録しようと試すと「保存」ボタンがクリックできません。

空欄を設定できない

名前の入力欄に何も入力しないで保存することはできません。LINEは必ず名前を登録しないと利用することができません。

名前の変更は通知されない

名前を新しく変更したとしてもチャットしている友達全員に通知が届くことはありません。名前の変更を相手が気づくのはこちらにメッセージを送る時になります。

友達の中には、名前の変更を事前に伝えていなければわからなくなる人もいるかもしれないので、事前に名前を変更することを伝えておくか、プロフィールのステータスメッセージに変更前の名前を変更したことがわかるメッセージを入力しておくと良いでしょう。

LINEをビジネスシーンで利用する機会が増えてから本名に変更するのは良いアクションだと思いますが、前述した通り名前が変更されたという通知が相手に届かないので、できれば早めにアカウント名を本名に変更することをおすすめします。

本名やニックネームに名前を変更できない場合の対処法

LINEのアカウント名はいつでも変更することができますが、いざ変更しようとしたときに変更できない場合があります。その場合の対処法を紹介します。

LINEを再起動・アップデートする

名前の変更ができない際の対処法として再起動とアップデートを行う方法があります。この対処法で解決した場合は、アプリ側で不具合やエラーが発生していたことが原因である可能性が高いです。

名前の変更が上手くいかない場合は一度再起動を試してみましょう。また、古いバージョンのLINEを利用している場合は、最新バージョンにアップデートしましょう。

ネット環境を確認する

ネット環境が悪く通信速度や容量が十分でない場合、LINEの機能を正常に利用できなくなる場合があります。その場合は、サクサクとネット環境が繋がる場所に移動して、再度名前の変更を試しましょう。

まとめ

LINEを利用する際に本名をアカウント名に使用するメリットとデメリットを紹介しました。

ニックネームや偽名でLINEを使用している方もいると思いますが、ライフスタイルによって本名を使用したほうが活用しやすい場合もあるので、アカウント名はよく考えて設定してください。

関連記事