クロラボ
YouTube

【YouTube】サムネイルが変更されない場合の対処法

2021.11.12

この記事ではYouTube動画のサムネイルが変更されない際の対処法を紹介します。サムネイルは動画の再生回数にもっとも影響を与える重要な要素です。サムネイルの変更が上手くいかない人は参考にしてください。

公開済みの動画サムネイルの変更が反映されない際の対処法

公開した動画のサムネイルを見て、「さらにユーザーの目を引くようなサムネイルに変えたい」という思いをYouTubeで動画投稿を行っている人なら一度は思ったことがあると思います。

一度投稿してしまった動画のサムネイルも変更することはできますが、変更内容が反映されるまで数日間かかってしまいます。

さらに、デバイスによっても変更内容が正常に反映される期間が異なります。したがって、公開済みの動画サムネイルを変更する際は、即時に反映されるものではないということを理解した上で行うと良いでしょう。

どうしてもすぐに変更内容を反映させたい場合は、サムネイルを変更したい動画を削除して、再度サムネイルを設定した動画をアップロードする方法があります。しかし、再生回数や評価数はリセットされてしまうのでおすすめしません。

サムネイルの変更を行う場合は「いつの間にか変わっているもの」というような認識を持って行えばストレスはかからないと思います。

公開前の動画サムネイルの変更が反映されない際の対処法

基本的にアップロードする動画のサムネイルを変更すれば即時に反映されます。変更内容が反映されない原因としては、変更内容をしっかりと保存できないことが考えられます。

もし、変更内容が保存されていないのであれば、再度サムネイルの設定を行い「変更を保存」をクリックすれば変更内容が反映されます。

また、動画の投稿方法を「予約投稿」に設定しておけば、実際に動画が投稿されるまでの間にサムネイルを変更してもすぐに変更内容が反映されます。

YouTubeの仕様だと考えられますが、投稿前の動画の編集・修正に関しては即時に反映されますが、一度投稿した動画の場合は反映されるまで数日かかります。

サムネイルは動画の再生回数に影響が大きい要素となってくるので、公開前に何度も確認を行い。公開後は極力変更を行わないようにしましょう。

サムネイルを変更する際の注意点

サムネイルを変更する際の注意点をまとめました。変更できない場合に確認してください。

カスタムサムネイルの上限について

動画に設定できる自分で編集を行ったサムネイル(カスタムサムネイル)のアップロードできる数には上限があります。

上限は国/地域によって異なります。もし、サムネイルとアップロードする際に「カスタムサムネイルの1日の上限に達しました」というエラーが表示された場合は、24時間後にアップロードを試しましょう。

また、1日にアップロードできるサムネイル数の上限は、過去にYouTubeのコミュニティガイドラインに違反して警告を受けている場合は、少なくなる可能性があります。

サムネイルに使用できる画像について

サムネイル画像はどんな画像を使用してもいいといったことはありません。全てのサムネイル画像はYouTubeのコミュニティガイドラインに準拠している必要があります。

以下のような内容が含まれているとサムネイルは拒否され、違反警告を受ける可能性があるので気をつけてください。

  • 性的なコンテンツ
  • ヘイトスピーチ
  • 暴力的コンテンツ
  • 有害で危険なコンテンツなど

サムネイル画像の違反を繰り替えすと30日間カスタムサムネイルの使用が停止されます。最悪の場合は、YouTubeアカウントが停止される場合もあります。

違反警告を受けた場合は、アカウント情報に登録しているメールアドレスに通知メールが届きます。そして、YouTubeにログインした際にチャンネル設定ページに警告が表示されます。

ただし、違反警告を受けても違反していないと思う場合は「違反警告に対する再審査」を請求することができます。もし、再審査して違反していないと認められた場合は、警告を受けて表示されなくなる前の状態に戻ります。

YouTubeを利用しているユーザーにとって不適切だと思われる画像をサムネイルに使用しないように気をつけましょう。

まとめ

YouTubeのサムネイルは動画を視聴してもらう際にユーザーのクリックする可能性を高める重要な要素です。

サムネイルを変更すれば再生回数が伸びることも少なからずあります。サムネイルが変更できないという問題はYouTubeで活動するにあたり大きな弊害になることもあるので、変更できない場合は、上記を参考に変更作業を試してください。

関連記事