クロラボ

Twitterの報告は相手にバレるのか?

2021.08.04

Twitterには、安全で快適に利用できるように悪質なツイートや嫌がらせを受けた際に通報・報告することができます。この記事では、報告をした際に自分が報告をしたのかバレることがあるのかを紹介します。

Twitterで報告してもバレない

結論からお伝えすると、Twitterでスパム行為等について報告しても基本的に自分のアカウントで報告したことがバレることはありません。

Twitterの通報・報告機能には通報・報告したアカウントが誰なのか相手に知られる機能は存在しません。自分が被害にあっている場合や、スパム行為を見かけた場合は安心して報告できます。

鍵垢(非公開アカウント)の場合は注意が必要

誰が通報したのか知られることはありませんが注意は必要です。報告したい相手が鍵垢の場合は、報告できるのは鍵垢のフォロワーだけになります。

フォロワー数が少ない場合は、自分のアカウントが見ることができる人が報告したことがわかり、誰が報告したのかバレる可能性が高くなることもあります。

ですから、鍵垢を報告する場合は、事前にフォロワー数を確認することをおすすめします。

「ツイートに興味がない」を活用するべし

鍵垢を通報・報告して万が一バレた時のことを考えてしまう場合は、通報・報告メニューから「ツイートに興味がない」を選択してください。

「ツイートに興味がない」を選択することで、自分のアカウントでは相手のツイートが表示されなくなります。

この方法は、相手のツイートを自分だけに非表示にする方法だから、他のフォロワーさんは問題なく見ることができるので、相手に不利益なくバレる可能性もほとんどありません。

報告がバレる場合もあります

通常は誰が報告したのかわからないですが、報告した相手が誰かバレる場合もありますので、どのような場合か紹介します。

知的財産権に関する問題について報告する際は報告がバレる

Twitterは「DMCA(デジタルミレニアム著作権法)」を適用しており、自分の所有している知的財産権を勝手に使用された場合は、「知的財産権に関する問題」からTwitter公式に報告することができます知的財産権侵害について報告する際は、報告者が知的財産権の正しい持ち主なのか正確に確かめるために自分の情報は必要な情報として利用されます。

その結果、相手に自分の住所や名前など重要な個人情報が伝わり身バレすることになるのでご注意ください。

以下の項目が報告する際に必要な入力フォームとなります。

  • 著作権者の氏名
  • 氏名
  • 会社名
  • 肩書
  • メールアドレス
  • 住所
  • 郵便番号
  • 電話番号(任意)
  • FAX番号(任意)

DMを報告した際はバレる

DMで不適切な内容や攻撃的な内容が含む文章が送られてくる場合があります。

その場合の対処法として報告することが考えられますが、報告すると相手の画面には「今後、子の方にダイレクトメッセージを送ることはできません」と表示され、自分にDMが送れなくなります。

DMの報告はブロックと異なり、DM以外のプロフィールやツイートは確認することができるので、通報したことがバレるおそれがあります。

スパム行為

スパム行為とは、大量に不特定多数に送信される「スパムメール」に由来する言葉で、SMS以外にもアプリや掲示板などインターネット上での迷惑行為・悪質行為のことです。

Twitterでの代表的なスパム行為は以下となります。

  • 大量にDMを送信したり、過剰にフォロー申請を送る行為を繰り返す。
  • 迷惑行為をしていないユーザーを運営にスパム行為をしていると報告する嫌がらせ。
  • フィッシングサイト等悪質なサイトへのリンク付きツイートを投稿する。
  • 他のユーザーに対する誹謗中傷行為。
  • 他人になりすましてアカウントを運用している。
  • ポルノや自傷行為など有害なコンテンツをツイートする。
  • 著作権・商標権を侵害している。

このようなスパム行為を繰り返し行うことで、Twitter側がスパム行為をしていたアカウントを凍結することがあります。

Twitterは優秀ですが、全てのユーザーを細かくチェックすることが難しいので、もしあなたがスパム行為を見かけた場合や被害者になった場合は報告すると良いでしょう。

報告したアカウントが凍結することはない

スパム行為など行う相手を報告したとしても自分のアカウントが凍結したり、ペナルティを受けることはありません。

Twitterでは報告を基に誤った判断で報告・通報が送られていないか審査します。ですから、誤って報告してしまったとしても問題ありません。

無差別に報告しまくると凍結する可能性あり

自分の主観で手当たり次第に手動であれ、自動であれツイートを通報・報告してしまうと報告されて凍結する可能性があるので、面白半分でそのような行為はしないでおきましょう。

報告した相手が凍結することはあるのか

報告することで報告した相手は、機能制限・アカウント凍結(永久)というペナルティを受けます。アカウント凍結に直結しやすいものとしてスパム行為と攻撃的な内容を含むDMやツイートが挙げられます。

凍結した場合は通知が届く

自分が報告した相手が凍結したらTwitterの運営チームから通知が届きます。

通知が届いた後に報告した相手のアカウントを確認してみると凍結していることがわかります。凍結した相手は誰が報告したかはわからないので安心してください。

報告する方法

Twitterで報告する方法を対象別に紹介します。

ツイートを報告する方法

  • 報告したいツイートを選択します。
  • ツイートの個別ページ「…」から「ツイートを報告する」をクリックします。
  • 「問題を報告する」ページで詳細情報を入力すれば完了します。

プロフィールを報告する方法

  • 報告したいアカウントのプロフィールページアクセスします。
  • プロフィールページの個別ページ「…」から「@○○さんを報告する」をクリックします。
  • 「問題を報告する」ページで詳細情報を入力すれば完了します。

リストを報告する方法

  • 報告したいリストのアイコンをクリックします。
  • リストの個別ページ「…」から「報告する」をクリックします。
  • 「報告する」ページで詳細情報を入力すれば完了します。

DMを報告する方法

  • DM一覧ページからほうこくしたいメッセージを探します。
  • DM個別ページの右上端メニューアイコンをクリックします。
  • 「@○○さんを報告する」を選択します。
  • 「@○○さんを報告する」ページで詳細情報を入力すれば完了します。

Fleetを報告する方法

  • Fleet画面にアクセスします。
  • 「×」の横のメニューアイコンから「Fleetを報告」をクリックします。
  • 「Fleetを報告」ページで詳細情報を入力すれば完了します。

報告の取り消しについて

Twitterで報告してしまうと取り消しすることはできません。勘違いで報告してしまったとしても後で取り返すことはできないので報告する際はご注意ください。

まとめ

Twitter上でスパム行為や悪質で攻撃的な内容のツイートやDMを報告する方法を紹介しました。報告は通常であればバレることがないので、快適にTwitterを利用するために安心して報告を活用してください。

著作権や鍵垢を報告する際は身バレすることがあるので、そこは慎重に考えて行動することをおすすめします。

関連記事