クロラボ
Line

【LINE】ダークモードの設定・解除方法を紹介

2021.09.07

iPhoneやAndroidには、ダークモード(ダークテーマ)と呼ばれる画面の眩しさを抑えて、目の負担を軽減する機能が備わっています。

この機能はLINEに自動的に適用されてしまうので、「LINEユーザーの中にはLINEアプリで設定していないのに、トーク画面の背景が黒くなった」など混乱された人もいるのではないでしょうか。

この記事では、iPhone、Android、PCでダークモード(ダークテーマ)を設定してLINEの背景画面を変化する方法を紹介します。

ダークモードに設定すると背景が黒くなる

ダークモードに設定するとLINEの画面が黒くなります。

ダークモードはLINEアプリ側で設定する仕様ではなく、スマホやタブレットなどラインを利用している端末(OS)の設定です。端末のダークモードをONにするとLINEにも反映されます。

なぜ、ダークモードに設定する人がいるのか

自分の好みや周りから見られることを意識して、LINEの背景色を変更するためにダークモードが用いられます。

また、2020年12月に実施されたアップデートにより、LINEアプリ全体で白を基調としたデザイン変更が行われたことも少なからず影響していると考えられます。

アップデートの影響で、配色だけでなく、アイコンやフォント、レイアウトなど全体が見直され、ネイビーの要素が廃止となりました。

このようなできごとが起こったため、ダークモードに変更するユーザーが増えたのかもしれません。

ダークモードの設定・解除方法

LINEのダークモード設定・解除方法を紹介します。白を基調とした背景から黒に変更したい人や意図せずにダークモードが適用されている人は設定や解除の参考にしてください。

iPhoneの場合

  • iPhoneの「設定」アプリを開きます。
  • メニューから「画面表示と明るさ」を選択します。
  • 外見モードの「ダーク」にチェックすれば完了です。

iPhoneの「設定」アプリでダークモードに変更すれば、LINEアプリにも反映されます。

iPhoneの「設定」とLINEアプリは連動しているため、ダークモードから通常のライトモードに変更する場合には、iPhoneの「設定」アプリで外見モードの「ライト」にチェックすれば完了します。

ダークモードの設定・変更に関する注意点

iOS版LINEでダークモードを利用できるのはiOS 13以上にバージョンアップしているデバイスとなります。

ですからiOS 13未満のデバイスを使用している場合は、ダークモードを利用することはできませんので注意してください。

LINEだけダークモードを解除することはできるのか?

上記でiPhoneとLINEは連動しているので、iPhoneがダークモードの設定を行うとLINEにも反映されると紹介しました。

一見、LINEだけダークモードを解除することはできないように感じますが、この場合はダークモードの設定を編集するのではなく「LINE着せかえ」を活用することで、LINEのみダークモードを解除することが可能となります。

ダークモードを設定していても「LINE着せかえ」が優先されます。ですから、「ホワイト」の「LINE着せかえ」を設定すると、iPhoneはダークモードが設定されている状態で、LINEの背景は白いままにすることができます。

LINE着せかえ「ホワイト」の利用方法

  • ホーム画面を開きます。
  • 「着せかえ」をクリックして着せかえショップにアクセスします。
  • 「おすすめ」から無料の着せかえ「ホワイト」を選択します。
  • ダウンロードして「今すぐ適用」を選択すれば完了です。

Androidの場合

AndroidもiPhoneと同様に端末の設定でダークテーマを有効化すれば、LINEの画面が着せかえ「ブラック」に自動で切り替わります。

厳密には、Android版のLINEアプリが端末のダークテーマを完全にサポートしているわけではなく、疑似的にダークモードのように利用することができます。

疑似的なダークモードなので、タイムラインの画面は完全なダークモードで表示されることはありません。

  • Android端末の「設定」から「ディスプレイ」を開きます。
  • ダークテーマの項目をONにすれば完了です。

上記の手順で、端末を「ダークテーマ」にする事で、LINEにも黒い背景が反映されます。通常の状態に変更する場合は、ダークテーマの項目をOFFにすれば完了します。

ダークテーマの設定・変更に関する注意点

Android端末でLINEを利用する場合、LINEに自動で着せかえ「ブラック」が適用されるのは、Android10以降を搭載する端末でLINEアプリのバージョン9.17.2以降を利用している必要があります。

Android10以前の端末でもLINEの画面をブラックにできる

Android10以前の端末を利用していて、LINEの画面をダークモードに切り替えたいという人は以下の方法をおためしください。

<Android端末の設定>

  • 「着せかえ」をクリックして着せかえショップにアクセスします。
  • 画面右上の歯車アイコンをクリックします。
  • 「ダークモードでは「ブラック」着せかえを適用」項目のチェックを外せば完了です。

端末本体の設定をダークテーマに変更しなくとも問題ありません。

<LINEアプリの設定>

  • ホーム画面を開きます。
  • 「着せかえ」をクリックして着せかえショップにアクセスします。
  • 「おすすめ」から無料の着せかえ「ブラック」を選択します。
  • ダウンロードして「適用する」を選択すれば完了です。

上記の手順を正しく行っていただくと、Android端末でダークテーマを設定していても、LINEで着せかえ「ブラック」が自動的に適用されることは無くなります。

PC版の場合

PC版LINEの設定方法は以下となります。

  • ホーム画面左下「…」をクリックして「設定」を選択します。
  • 設定ページの「基本設定」を開き、画面表示モードの「システム設定と同期」の項目をOFFにすれば、手動で「ライトモード」と「ダークモード」へ切り替えができるようになります。

もし、「システム設定と同期」の項目がONになっているとPCの画面設定に従って自動的にLINEの画面モードが選択されてしまいます。

PCの画面「ダークモード」設定方法

PCでの画面の表示設定方法を紹介します。WindowsとMacでは少し操作が異なりますので注意してください。

Windows
  • 歯車アイコン「設定」から個人設定を開きます。
  • 「色」のページで、「黒」を選択すれば完了です。
Mac
  • リンゴマークから「システム環境」の「一般」を開きます。
  • 「外見モード」で「ダーク」を選択すれば完了です。

LINEのダークモードを設定・解除できない時の対処法

ダークモード(ダークテーマ)の設定・解除ができない場合に試していただきたい対処法を紹介します。

端末のバージョンを新しくする

バージョンが古いスマホなど端末ダークモード(ダークテーマ)に対応していない場合、それが原因で、ダークモードの設定が行えないことがあります。

iPhoneの場合はiOS 13以降、Androidの場合は10以降になっているかどうか確認しましょう。

LINEのバージョンを新しくする

現在使用しているLINEが最新バージョンではない場合、端末同様に最新版にバージョンアップしてください。

Apple StoreやGoogle PlayでLINEの「アップデート(更新)」をクリックすれば簡単にアップデートすることができます。

PC版でも「着せかえ」が優先される

PCの画面設定でダークモードを設定しても、すでに「着せかえ」を使用している場合は、「着せかえ」で設定しているデザインが優先されます。

ですから、PCの画面表示設定と連動させたいのであれば、「着せかえ」は「基本」のデザインにしておきましょう。

まとめ

LINE画面をダークモードに設定・解除する方法を紹介しました。

LINEアプリで設定を行わなくてもスマホやPCの画面設定内容が反映されるので、設定を変更する方法がわからずに困っていた人もいるかもしれません。

上記を参考すれば、自分好みのLINE背景を設定することができるので、一度試してみてください。

関連記事