クロラボ
YouTube

【YouTube】チャンネル登録者を増やす誰でもできる方法を紹介

2021.11.09

この記事ではYouTubeの登録者数を増やす誰でもできる方法を紹介しています。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やす目的

YouTubeのチャンネル登録者数を増やしたいと考えている人の多くは、YouTubeで広告収入を得ることが目的に挙げられるでしょう。

YouTubeで広告収入を得るためにはチャンネル登録者数1000人以上で1年間の総動画再生時間が4000時間という条件を達成する必要があります。

YouTubeでの活動を始めたからといってすぐに広告収入を得ることができるというわけではありません。最適な方法で素早くチャンネル登録者を増やす方法をみんなが求めるのもこれが理由だと考えられます。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やす方法

YouTubeのチャンネル登録者数を増やす方法をまとめました。誰でもできる方法なので、本気で登録者を増やしたい人はぜひ試してみてください。

ジャンルを絞る

チャンネルで投稿する動画のジャンルを1つに絞り込み、特定のユーザーに届くように配信することは登録者を増やすのに有効な手段です。

「このチャンネルは○○についての動画を配信している」とユーザーに認知してもらうことができれば、「○○」について探していたユーザーがチャンネルに辿り着いた時に、「このようなチャンネルを求めていた!」と登録に結びつきやすいです。

例えば、「秋の京都旅行を考えている人」がいるとします。

この人がYouTubeでキーワードを検索するまでの行動を予想すると以下となります。

  • 秋の京都旅行について調べます。
  • 紅葉が美しいおすすめの観光スポットがわかります。
  • 観光スポットについて詳しく知るために「観光スポット名 秋」と検索します。
  • 「秋の観光スポットについて」の動画を見つけます。
  • 動画を投稿しているチャンネルの別動画を確認します。
  • 京都旅行について多数の動画を投稿していることがわかります。
  • チャンネル登録します。

ジャンルを絞らずに動画を投稿していると、チャンネルを訪れたユーザーの検索意図に沿っていないチャンネルだと認識されてしまう可能性があります。

何十万人何百万人のチャンネルになった場合は、多ジャンルで動画投稿を行ってもチャンネル自体にファンがいる状態なので問題ないですが、ゼロからチャンネル運営を始める際には1つのジャンルに絞ることが大切です。

動画を検索最適化する

YouTubeに投稿する動画のタイトルや説明文、タグ等に動画に関連するキーワードを含み、検索結果の上位に表示させる工夫を行い検索上位に表示させることができれば、より多くのユーザーに動画を視聴してもらえるのでチャンネル登録者数も増える可能性があります。

この工夫を行う上で重要なのは「検索されているキーワード」を把握することです。検索予測や競合動画のタイトルや説明文からキーワードを集めて、自分が投稿している動画もそれを参考に編集しましょう。

動画の数より質で勝負

動画をいくつも投稿したからといってチャンネル登録者数が増えるとは限りません。「ユーザーに価値を提供できるかどうか」「最後まで見たいと思わせられるような魅力があるのか」を考えて動画作成をすることが重要となります。

質の高い動画は検索結果で上位に表示されやすくなる上、さらにおすすめ動画や関連動画にも表示されやすくなります。いくつもの場面で露出する動画があればチャンネル登録をしてもらえる確率も高まります。

サムネイルを工夫する

サムネイルは動画をクリックしてもらうために重要な要素となります。たとえ魅力的な動画を作成できたとしてもサムネイルがしょぼいと動画を視聴してもらう可能性が低くなってしまいます。

ある意味動画内容よりも重要だと言えるサムネイルは再生回数を稼ぐためにも手を抜けない要素の一つです。

YouTuberとコラボする

YouTubeを始めたばかりの場合は、知名度もなく動画を投稿してもユーザーに見付けてもらうことが困難です。この状況を長く続けないためには他のYouTuberとのコラボが有効です。

コラボすることでコラボ相手のチャンネル登録者や視聴者に自分のチャンネルの存在を知ってもらうことができるからです。

YouTubeチャンネルを運用しているYouTuberの多くはSNSのDM機能を開放していたり、お問い合わせフォームを設けているのでそこからコラボ依頼をしてみましょう。

コラボ相手を選ぶ際はなるべく自分のチャンネルと同じジャンルを攻めているチャンネルが好ましいです。

定期的に動画を配信する

動画を定期的に配信するチャンネルはユーザ―は動画投稿をしっかりとしているチャンネルだと判断するので、チャンネル登録者が増えやすいです。

どのくらいの頻度で動画を配信するのか決まりはありませんが、ユーザーに「動画配信を止めていないな」という印象を持ってもらえる頻度を心がけましょう。

コメントに丁寧に返信する

動画に寄せられたコメントにいいねや返信をすることはチャンネル登録者を増やす上でとても重要です。ユーザーとコメント欄でコミュニケーションを取ることで、動画をシェアしてくれたりいいねしてくれることが期待できます。

YouTubeは動画を評価する際にユーザーとの交流が多いほど良い動画であると判断します。したがって、コメント欄でコミュニケーションがとられる動画は上位表示される可能性が高くなり、より多くのユーザーに動画を見てもらえるようになります。

YouTube以外でもチャンネルの宣伝をする

YouTubeを始めたばかりであってもTwitterやInstagramなどSNSですでにアカウントを持っている場合は、それらを利用してチャンネルの宣伝をすることができます。

YouTube内だけで自分のチャンネルや動画を見つけてもらうのは難しいですが、他のSNS等を活用してYouTubeチャンネルや動画を宣伝すれば、より多くのユーザーに動画が届く可能性を増やすことができます。

既存のアカウントを持っていなかったとしても、YouTubeチャンネル専用のSNSアカウントを作成して定期的にチャンネル内容を発信すれば、YouTube内だけではアプローチすることができなかったユーザーにチャンネルの存在を認識してもらえるかもしれません。

まとめ

YouTubeチャンネルの登録者を増やす誰でもできる方法を紹介しました。チャンネル運営だけでなくブログ等全ての作業に言えることですが、何事も継続することが大切です。無理して継続が難しい場合は自分のできる範囲で長く続ける方法を考えてください。

そういった意味では上記で紹介した方法は誰でも継続できる内容となっています。ただし、「チャンネル登録者を増やして○○する」という強い意志が必要かと思います。

続けることが目的でなくチャンネル登録者が増えた時にどうするか目的や目標を強く持ったうえでYouTube活動に取り組むことが最も重要なことかもしれません。

関連記事