クロラボ
Pinterest

Pinterest(ピンタレスト)での稼ぎ方って何があるの?

2021.10.07

世界中で数多くのユーザーが利用しているピンタレストは、商品の販売などお金を稼ぐツールとしても活用されています。

この記事では、ピンタレストを使った稼ぎ方について紹介します。お小遣いや副収入、本気でピンタレストで生計を立てるという人たちに役立つ情報を伝えているので、ぜひご覧ください。

Pinterestが稼げると言えるポイント

Pinterestの特徴から稼げる可能性があることを紹介します。

拡散力

Pinterestには「リピン」という他人の投稿を拡散する機能があります。

Pinterestと同じく画像をメインとしているSNS「Instagram」がありますが、TwitterのリツイートやFacebookのシェアのような機能がない為、他人の投稿を拡散することができません。

Pinterestはあなたが魅力的な画像を投稿すれば、Instagramと比べても拡散力が上回ると言えます。

URL(外部リンク)の設置

Instagramでは投稿内容に「○○について詳しく知りたい方はこちら→△△△△(URL)のように記載したとしても外部リンクが機能することはありません。

ストーリーに投稿する画像やテキストなどに外部リンクを貼ることは可能ですが、「フォロワーが1万人以上」という条件があるので、一般人にはハードルが高く、時間と手間がかかります。

しかし、Pinterestの場合は、何の条件もなく投稿する画像に外部リンクを付けることができるので、外部サイトへ誘導することができます。

Pinterestで稼ぐ方法

Pinterestで稼ぐ主な方法は以下となります。それぞれ詳しく説明します。

  • ブログに誘導する
  • 画像にアフィリエイトリンクを貼る
  • 外部サービスでスキルを売る
  • フォロワーを増やす

ブログに誘導する

PinterestはSNSではなく検索エンジンです。Pinterestを利用しているユーザーはおすすめや検索結果に表示される多くのピン(画像)を選択して、掲載されているURLから外部サイトにアクセスすることでさらなる情報を取得します。

Pinterestの場合はいつからでも外部サイトのURLを貼ることができます。ですから、ブログを所持していてブログ内でビジネスを行っている人ならば、Pinterestからブログへのアクセスを増やすことができます。

画像にアフィリエイトリンクを貼る

Pinterestに投稿する画像にはURLを掲載することができるので、画像にアフィリエイトリンクを貼る方法があります。

「タウンライフアフィリエイト」はPinterestの画像にアフィリエイトリンクを張ることができるので、ぜひ登録してアフィリエイトを始めてみてください。

上記のASP以外にもAmazonや楽天市場の商品ページのURLを画像に貼り、商品ページから購入してもらうようにする方法もあります。

  • Amazonアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト
  • Yahoo!JAPANアフィリエイトプログラム

外部サービスでスキルを売る

Pinterestで稼ぐ方法の一つは外部サイトでPinterest関連のサービスを販売することです。

「ココナラ(https://coconala.com/)」では、Pinterestで投稿する画像の作成やPinterestの運用代行サービスなど仕事を依頼している人を探すことができます。

2021年9月27日で「Pinterest」に関連する案件はたったの64件しかないので、他のSNS等Webマーケティング関連で仕事を提供するのに比べると競合が少なく稼げる可能性は低くないでしょう。

フォロワーを増やす

Pinterest上でフォロワーを増やすとインスタグラマーやYoutuberのように企業から案件が来るかもしれません。

初心者にはきびしい稼ぎ方かもしれませんが、根気よく継続して画像を投稿しているともしかすると、企業から案件の依頼が届くかもしれません。

PinterestはInstagramやTwitterと比べてフォロワーの数が少なくても数多くの人から注目を集めることができますが、どれくらいの人が注目しているかは自分のアナリティクスからしか確認することができないので、企業など他の人が見ても「すごい!」とわかるにはフォロワー数を増やすのが一番分かりやすいです。

まとめ

ピンタレストを利用した稼ぎ方というとピンタレスト内でお金が稼げるとイメージする人が多いと思いますが、ピンタレストから外部サイトへユーザーを誘導して、商品購入やお問い合わせに繋げるかたちとなります。

ピンタレストで自分の画像や動画を上位表示させるのは難しいですが、うまく活用できれば多数のユーザーがあなたのビジネスに興味を持つきっかけになります。

まだ、ピンタレストを使用したことがない人はぜひ始めてみてください。

関連記事