クロラボ
SEO

上位表示における効果的な見出しの書き方と注意点

2021.07.12

ブログや新聞、雑誌など文章が存在するコンテンツで重要な役割を果たしている見出しについて、効果的な見出しの書き方をこちらの記事では紹介します。

効果的な見出しの書き方

効果的な見出しを作成する際に大切にしたいポイントを紹介します。

1. 内容を1文にまとめる

見出しが思いつかない場合、もっとも簡単で的確に見出しを書く方法があります。どうするかというと、記事を書きあげた後ページ内容を1行にまとめるというやり方です。

見出しはコンテンツ内容を簡潔に分かりやすく伝えるための看板です。アクセスしたユーザーは見出しを確認して期待してページを読み進めます。

その入り口を用意するという意味でコンテンツ内容を要約した自然な見出しを作成しましょう。

2. 結果を伝える

見出しを確認した人がコンテンツ内容を読むことでどのようなメリットを得られるのかを伝えることはとても重要です。

検索エンジンを使用して調べるユーザーの心理状態は「素早く自分の求めている情報を手に入れたい」です。

したがって、見出し部分に読み終わった後のメリットを上手く伝えることが出来れば、ページを最後まで読んでくれる可能性を高めることができます。

3. 届けたいターゲットを明確にする

誰に向けてのコンテンツなのかを見出しで表現することも有効です。

「初心者向け」「上級者」「高齢者」「30代」「京都好き」などターゲットを絞り込むことで検索ユーザー自身が、「コンテンツが自分にとって役に立つものか」「自分に向けられているコンテンツなのか」を判断することができます。

見出し部分でターゲットを絞りこむことで、記事内容を的確に届けたいユーザーに届けることができます。

ページの滞在時間が長くなれば検索エンジンからも質の良いコンテンツだと判断してもらえるので、検索順位にも良い影響を与えることができます。

4. 短くまとめる

見出しは文章ではなく、一瞬で何が書かれているか理解できます。ですから、パッと見て何が書かれているかを相手に伝えられるようにすることが望ましいです。

パソコンやスマートフォン利用者は1日に何千何万の情報を見て処理しています。検索ユーザーが見出しを見た時にパッと理解することが出来るかを配慮して、見出しはシンプルで分かりやすいものを作成すると良いでしょう。

5. キーワードを含む

見出しは閲覧してもらうターゲットを絞り込み、各コンテンツ内容を簡潔に表すだけが役割ではありません。

SEO対策を行う上でタイトルタグやメタディスクリプションタグと同様に重要とされる要素の一つでもあります。

見出しに上位化させたいキーワードを含む、または上位化させたいキーワードの共起語を含むことで検索エンジンが上位表示に良い影響を与える可能性が高まります。

この時のポイントとしては、専門的な用語や難しい単語を使うことを控えて、万人が理解できる言葉に置き換えてシンプルに記述することが挙げられます。

こちらでは、SEOに最も効果的な「見出し1」の使い方を説明しています。

6. 見出しに数字を入れる

見出しに数字を入れると信頼性が増し、閲覧した検索ユーザーが具体的なイメージを湧きやすくなります。これまで、見出しに数字を含むことで広告の売り上げが上がると証明されています。

「5日で8キロ痩せる!たった3つの方法とは」のように数字が見出しに入っていると検索ユーザーの次の行動を誘うことが出来るので、ぜひ見出しには数字を入れましょう。

見出しを作成するときの注意点

最後に見出しを作成する際の注意点を紹介します。

1. 過剰にキーワードを詰め込まない

一つの見出しにいくつものキーワードを含むことでスパム行為だと検索エンジンに判断される恐れがあります。

1つか2つキーワードを自然な形で含むだけなら問題はありませんが、キーワードを大量に羅列したり、同じキーワードを何度も使用するのはリスクがあります。

スパム行為だと判断されないようにするポイントは、h2に上位化させたいキーワードと関連性が高いキーワードや共起語を含むことです。

そうすれば、複数のキーワードで上位化を狙える可能性があります。

2. ページの見栄えを整えるために見出しを使用しない

見出しはデザインを整えるための要素ではありません。

デザインやスタイルを整えたいがために見出しを使用してしまうと、見出しタグを順番通りに使用できなくなる可能性があり、その場合はページ構成が崩れてしまう恐れがあります。

デザインなど変更したのであれば強調タグやcssなどを利用しましょう。

まとめ

見出しはページ作成を行えば、SEO対策上も重要ですし、ページにアクセスしたユーザーにコンテンツ内容を端的に伝えることが出来る大切な要素です。

この記事を読まれた方で、まだ見出しを設定していない方がいればぜひ見出しを設定してみてください。

関連記事