クロラボ

【Twitter】リツイートが消せない場合の対処法

2021.08.26

Twitterのタイムラインを見ていると有益な情報や共感する内容のツイートに出会うことがあります。その場合は、リツイートと呼ばれる他のユーザーにツイートを紹介する機能を使います。

また、誤ってリツイートしたものは削除することができますが消せない場合もあります。

しかし、リツイートした内容を後で見返してみると、わざわざ拡散するような内容ではなかったり、誤ってリツイートしてしまっていることがあるでしょう。

この記事では、リツイートしたツイートが消せない場合の対処法を紹介します。

リツイートが削除できない原因と対処法

キャッシュが残っている

リツイートの削除を行ったにも関わらず、タイムラインにリツイートが表示されることがあります。この場合はキャッシュ機能が影響してします。

キャッシュ機能とは、ページを表示させる際に1度読み込んだ内容を保存しておく機能で、再度表示した際はスピーディーにページ内容を表示します。

本来であれば、削除するとキャッシュ機能の有無に関わらずリツイートは削除されますが、まれに削除されない不具合が起こることもあります。

Twitterのキャッシュ削除方法

iPhoneの場合
  • スマホアプリ版Twitterにログインします。
  • メニュー「設定とプライバシー」から「データ利用の設定」をクリックします。
  • 「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」それぞれでデータを削除します。
Androidの場合
  • 端末の設定にアクセスしてください。
  • 「アプリと通知」を選択して「アプリ」→「Twitter」とクリックします。
  • 「ストレージ」をクリックしてキャッシュを削除します。
ブラウザの場合

ブラウザ版Twitterのキャッシュをクリアしたい場合は、使っているブラウザのキャッシュをクリアする必要があります。いかに主なブラウザの削除方法をまとめました。

自分以外のキャッシュが残っている場合がある

自分自身の環境ではリツイートが削除されていることを確認できていたとしても、フォロワーの環境ではキャッシュが残っていることが影響して、削除されていない可能性がある場合があります。

その場合は、しばらく時間が経てば削除されたことが反映されるので待ちましょう。または黒歴史クリーナーを使って消えるか試されることも方法の1つです。

ツイート元が鍵垢(非公開アカウント)にした

リツイートしたツイートを投稿したアカウントが鍵垢(非公開アカウント)に設定を変更してしまうと、スマホアプリ版Twitterではリツイートボタンの消えてしまい、リツイートの取り消しができなくなります。

普段からスマホアプリ版Twitterを使用している場合は、ブラウザ版Twitterにログインして、リツイートの削除を行いましょう。

リツイートを消した後の確認方法

スマホアプリにはキャッシュ機能が備わっているので、削除できていたとしてもタイムライン上で表示されていることがあります。

ですから、リツイートの削除を行った後は、ブラウザ版Twitterからきちんと削除できているかを確認してください。

リツイートの削除は相手にバレるのか?

リツイートを削除したからと言って、ツイート元のユーザーに通知が届くことはありません。

ただし、リツイートの数が少ない場合は、削除した際に誰がしたのかツイート元ユーザーはわかる可能性があるので注意が必要です。

自分がリツイートしたツイートを探す方法

いくつもリツイートしている場合は、削除するリツイートを探すのが困難でしょう。その場合は、外部サービス「RTだけ表示するやつ(https://retweetlog.herokuapp.com/)」を利用することをおすすめします。

TwitterID(@○○○○)を入力するだけで、それまでリツイートしたツイートだけを表示することができます。

まとめ

Twitterのリツイートが消せないことで悩んでいる人は上記の原因と対処法を参考に対応してみてください。

削除できなくないことはないので落ち着いて対応すれば問題なくリツイートを消すことができるので安心してくださいね。

関連記事