クロラボ
Line

【LINE】写真・動画が送れない際の対処法を紹介

2021.09.08

LINEを利用していると、トーク画面に写真や動画を送ろうとすると送信中に画面が止まるという不具合が起こることがあります。

その際に、「再送信」アイコンが画像・動画の左側に出現しますが、クリックしても送信ができないこともあります。

この記事では、LINEで写真が送れない際の対処法を紹介しています。写真や動画が送れなくて悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

写真・動画が送れない際の対処法

写真や動画が送れない際に試したい対処法を紹介します。何度か送ろうと試みても送れない場合は参考にしてください。

LINEアプリや端末を再起動する

アプリや端末の動作が不安定な状態の場合、うまく写真や動画が送れないことがありますので、LINEアプリと端末の再起動してみてください。

再起動だけで不具合が解消される場合もあります。一度アプリを終了させて、再度立ち上げてから送信できるか試してみましょう。

端末の容量を確認する

スマホ端末の容量に余裕がない状態であれば、正常にスマホアプリが動作しないおそれがあります。

不要なアプリを削除したり、写真フォルダを整理するなど端末の容量に空きを作ってから、再度LINEアプリを開いて写真・動画を送れるか試してみてください。

LINEアプリのバージョンを確認する

古いLINEアプリを使用している場合、写真や動画が送れないといった不具合が起こりやすくなります。

ですから、最新バージョンのLINEアプリへとアップロードを行ってください。AppStoreやGooglePlayからLINEアプリのアップデートが行えます。

写真フォルダへのアクセス権限を許可しているのか確認する

LINEアプリに対して、写真フォルダへのアクセス(権限)を許可していなければ、LINEアプリ内で画像を選択することができません。

したがって、写真・動画を送信したい場合は、設定内容を確認してアクセス(権限)を許可する必要があります。

iPhoneの場合

  • 設定アプリを開き「プライバシー」を選択します。
  • 「写真」の「LINE」を開きます。
  • 「読み出し/書き込み」にチェックを入れます。(iOS14以上のユーザーの場合は「すべての写真」にもチェックを入れましょう)

Androidの場合

  • 設定の「アプリと通知」などの項目を開きます。
  • LINEを選択して「許可」や「権限」といった項目をクリックします。
  • 「ストレージ(ファイルとメディア)などの項目を選択して「許可」をクリックします。

OSのアップデートが影響している

OSのアップデートが影響してLINEで写真を送れなくなる場合もあります。例えば、過去にiPhoneを14にアップデートした後、カメラロールへのアクセス許可設定が変更される現象が起こりました。

この場合、設定変更を行わずにトーク画面で写真を送信しようとすれば「写真や動画はありません」と表示され、画像選択を行うことができませんでした。

このように設定変更を自分で行っていなかったとしても、アップデートを行うことで設定内容が変更する場合があるので、アップデート後は設定内容を確認することをおすすめします。

通信環境を確認する

通信環境が良くない場所でLINEを開き、写真や動画を送信しようとすると一時的に通信が滞り、送れない場合があります。

この場合、通信環境が良い場所に移動する、もしくはWi-Fiやモバイル通信をリフレッシュすることで改善することができます。

また、スマホの契約内容の料金プランにより通信速度制限が存在する場合は速度制限がかかっていないか確認してみましょう。

制限がかかってしまっている場合は、Wi-Fiなどに切り替えて、写真や動画を送信できるか試すことをおすすめします。

LINEの不具合・障害を確認する

上記の対処法を試しても写真が送れずに問題が解決しない場合があります。その場合は、TwitterのLINE公式アカウント(https://twitter.com/linejp_official)のツイートを確認しましょう。

何かしらの不具合が起こっている場合、わたしたちではどうすることもできないので、運営側が不具合や障害を解決するまで待つ必要があります。

LINEでは形式によって写真を送れないことがある

LINEで写真を送信する場合、送信する写真を画像選択画面から選ぶ必要があります。この選択画面に表示されるのは、「jpeg、png、gif、heic」などのファイル形式の画像データです。

それ以外の「ai、svg」などのファイル形式の画像データは画像選択画面に表示されることはないので、通常の画像送信手順では送ることができません。

もし、送ることができたとしても受信側が画像データを開けることができないおそれがあります。

ブロックされていれば写真を送ることができない?

写真が送れない場合に考えられるであろうことに「ブロックされているから」という理由がありますが、仮に自分がブロックされていたとしても、写真を送信することは可能です。

しかし、いくら写真や動画を送ったとしても、ブロックされている側へ届くことはありません(自分のトーク画面では送信できているように見えます)。

写真・動画のサイズは変えるべき?

動画や写真アルバムのサイズや容量が大きくても送信することはできますが、サイズや容量が大きくなればなるほど送信する際に時間がかかると考えられています。

時間をかけずスムーズに送信したい場合や、送信するのに時間がかかる場合は、写真の画質を下げてみることをおすすめします。

LINEで写真の画質設定をする方法

  • LINEアプリを起動してホーム画面を開きます。
  • 右上歯車アイコンから「写真と動画」を選択します。
  • 「送信する写真の画質をクリックします。
  • 「低画質・標準・高画質」の選択肢から「低画質」を選択します。

まとめ

どこかに出かけた後や自分の近況報告をする際に、LINEを利用してトーク画面から写真を送ることは日常的に行われています。写真が送れない時には上記で紹介した対処法を参考にしてください。

関連記事