クロラボ
YouTube

【YouTube】ブランディングについてサイズや設定方法を紹介

2021.10.21

この記事ではあなたがYouTubeチャンネルを運営するにあたって、チャンネル登録者を増やす可能性を高める効果がある動画内のブランディングの透かしロゴの作成や最適なサイズ、表示方法を紹介します。

YouTubeのブランディングについて

YouTubeのブランディングとは、プロフィール写真やチャンネルバナーの画像の設定を最適化してユーザーに自身のチャンネルを強くアピールすることを指します。

YouTube Studioから設定できるブランディング項目は以下となります。

  • 写真(プロフィール写真)
  • バナー画像
  • 動画の透かし

これらの3点について、それぞれの設定方法の詳細と最適化するための方法を紹介します。

1. 写真(プロフィール写真)

写真に設定している画像は、YouTube上で自身のチャンネルが表示された際に表示される画像となります。検索結果画面だけでなく、動画やコメント欄にも表示されることになります。

写真(プロフィール写真)の形式やサイズについて

写真(プロフィール写真)はアップロードする形式が定められており、画像サイズが推奨されています。

以下の3点が写真を設定する際の重要なポイントとなります。

  • 画像形式:JPG,GIF,BMP,PNG(ただし、アニメーションGIFは不可)
  • 画像サイズ(推奨):縦/800px、横/800px
  • 画像サイズ:縦/98px、横/98pxで表示される正方形または円形の画像

また、写真に設定する画像については、YouTubeコミュニティガイドラインを厳守したものに限られています。

ヌードや性的なコンテンツ、有害または有害なコンテンツのような画像は設定することができません。

それ以外にも禁止されているものがあるので、こちら(https://www.youtube.com/intl/ja/howyoutubeworks/policies/community-guidelines/)からガイドラインを確認してみてください。

写真(プロフィール写真)の設定方法

  • YouTube Studioにログインします。
  • 画面左側「カスタマイズ」から「ブランディング」を選択します。
  • 写真の「変更(もしくはアップロード)」をクリックして、デバイスに登録されている画像から変更する画像を選びます。
  • 写真(プロフィール写真)用にサイズをカスタマイズします。
  • 「完了」から画面右上「公開」をクリックすれば動画の透かしの画像設定が完了します。

2. バナー画像

バナー画像は自身のYouTubeチャンネルを開いたときにページ上部に表示される横長の画像を指します。

バナー画像の形式やサイズについて

バナー画像に設定する画像は以下の条件が満たしている必要があります。

  • 最小画像サイズ:横/2048px、縦/1152px
  • アスペクト比:(16:9)
  • テキストやロゴの最小サイズにおける安全領域:横/1235px、縦/338px
  • ファイルサイズ:6MB以下

バナー画像の設定方法

  • YouTube Studioにログインします。
  • 画面左側「カスタマイズ」から「ブランディング」を選択します。
  • バナー画像の「変更(もしくはアップロード)」をクリックして、デバイスに登録されている画像から変更する画像を選びます。
  • バナー画像用にサイズをカスタマイズします。
  • 「完了」から画面右上「公開」をクリックすれば動画の透かしの画像設定が完了します。

3. 動画の透かし

動画の透かしとは、自身の動画内に表示させることができる画像で、透かしをクリックするとユーザーは直接チャンネル登録することができます。

すなわち、動画の透かしを設定することで、ユーザーに自身のチャンネル登録を促す効果があると言えます。

透かしを表示する場所は変更することはできませんが、透かしの表示タイミングは細かく設定することができるので、設定して活用しましょう。

動画の透かしの形式やサイズについて

動画の透かしに設定する画像は以下の条件を満たしている必要があります。

  • 画像サイズ(最小):横/150px、縦/150px
  • 画像サイズ(推奨):横/300px、縦/300px
  • ファイルサイズ:1MB未満の正方形の画像

動画の透かしの設定方法

  • YouTube Studioにログインします。
  • 画面左側「カスタマイズ」から「ブランディング」を選択します。
  • バナー画像の「変更(もしくはアップロード)」をクリックして、デバイスに登録されている画像から変更する画像を選びます。
  • バナー画像用にサイズをカスタマイズします。
  • 表示タイミングの選択項目から該当するものを選び、画面右上「公開」をクリックすれば動画の透かしの画像設定が完了します。

ブランディング設定で特に重要な「動画の透かし」のメリット

上記で紹介したブランディング設定の中で特に重要なのが「動画の透かし」になります。

こちらを設定すると自身の動画右下に直接チャンネル登録を行えるロゴを表示することができるのですがそのメリットについて説明します。

ページを移動することなくチャンネル登録ができる

デスクトップやノートパソコンでYouTube動画を視聴しているユーザーは、ページを移動しなくてもロゴをクリックするだけでチャンネル登録を行うことができます。

誰の動画なのか一目でわかる

動画の透かしは動画に埋め込むことができるロゴです。動画の初めから終わりまで埋め込むことによって、誰の動画なのかユーザーに伝えることができます。

動画再生中はいつでもチャンネル登録を促せる

動画を再生している間に透かしを表示させることができるので、動画が再生されている間はチャンネル登録を促せます。ただし、スマホ端末で縦画面再生すると透かしが表示されません。

横画面再生の場合は透かしが表示されますが、クリックすることができないのでそこからチャンネル登録に繋がることはありませんが、チャンネルに関連する画像を設定することで誰の動画なのかユーザーに伝えることはできます。

まとめ

YouTubeチャンネルをブランディングする方法はいくつかありますが、その中でも重要なのが動画に表示するブランディングの透かしロゴです。

設定方法さえわかれば誰でも簡単に表示させることができるので、興味がある人はぜひ上記を参考に設定を試してみてください。

関連記事