クロラボ
SEO

アフィリエイトリンクはSEOに悪い影響をあたえる!?

2021.06.17

サイトやブログでお金を稼ごうと思った時の一つの手段がアフィリエイトになります。アフィリエイトに用いるアフィリエイトリンクを貼りすぎてしまうと、検索順位が下がってしまったり、インデックス(検索結果にあらわれない)されない状態となります。そうなってしまえば、サイトはゴミ同然の状態となってしまいます。

もし、アフェリエイトサイトを運営するつもりであるなら、このページをよく読み、正しくアフィリエイトリンクを設置できるようにしましょう。

アフィリエイトリンクはSEOに悪い評価?

リンクにはいくつかの種類がありますが、アフィリエイトリンクはアクセスしたユーザーが商品やサービスを購入するといったコンバージョンが成立すれば、サイト管理者に広告収入が入るというものです。
アフィリエイトリンクはSEOに特に問題はないと言われています。

ただし、ちまたではアフィリエイトリンクを設置したページの順位が下がることで「アフィリエイトリンクはSEOに悪影響を与える」と言われています。

検索エンジンが評価するのは、リンクだけではありません。アフィリエイトリンクを設置しているページの順位が下がる主な原因は、ページ内に数多くのアフィリエイトリンクを設置していることが挙げられます。

ですから、アフィリエイトリンクの数を減らし、しっかりとしたコンテンツをページ内で作成すれば、検索順位が下がることもありません。

評価が下がった時に起きる現象

アフィリエイトリンクが原因でサイトの評価が下がったと確実にわかるわけではありませんが、以下で説明する現象の中で一つでもあなたのサイトに当てはまるものがあれば、サイトの評価が下げられている可能性があります。

インデックスされるのが遅くなった

サイトの評価が下がると、明らかにインデックスされるスピードが遅くなります。

ネット上に公開したページがインデックスされたか確認するには「site:○○○○(URL)」で検索して、検索結果にページ情報が表示されたらインデックスされています。

公開からしばらくしてもページがインデックスされない場合は、サイトの評価が下がっている可能性があります。

上位表示されなくなった

サイトの評価が下がるとこれまで上位表示されていたキーワードや上位化難易度が同じくらいのキーワードでも上位表示されなくなります。

ここでいう難易度とは、上位表示を目指すキーワードの競合ページのパワーを指します。

Prince テニスラケット
Wilson テニスラケット

どちらも同じ難易度のキーワードだったとします。

以前「Prince テニスラケット」の記事を作成して上位化していたので、「Wilson テニスラケット」の記事を作成したのに上位化しないというような具合です。

2つの記事は同じSEO対策を施しているにも関わらず検索結果では上皮表示されません。

このような現象が起きればサイト評価が下がっていると考えられます。

評価が下がった時の対処方法

サイト評価が下がった時の対処方法を紹介します。いくつかあるので、もしもの場合は試せる対処方法を実践してみて下さい。

アフィリエイトリンクが存在しないページを増やす

アフィリエイトリンクが貼られていないページを増やすことで、サイト全体のアフィリエイトリンクの割合を減らすことができます。

アフィリエイトリンクが貼られているページがサイト内ページの大部分を占めているとサイト全体の評価を下げてしまう要因になるおそれがあります。

だいたいの目安として、40%~50%の割合でアフィリエイトリンクを貼るページを作成することをおすすめします。多くなりすぎた場合は、アフィリエイトリンクを削除するか、リンクを貼らないページをいくつも作成して対策を行いましょう。

アフィリエイトリンクを削除する

ページ内にアフィリエイトリンクが大量に存在する場合は、アフィリエイトリンクの数を減らすか、ページを削除しましょう。

削除するページの対象は、今まで1度も成約に結びついていないページやしばらくの間、成約に結びついていないページです。ページが存在してもサイト評価を下げてしまいます。

成約に繋がらない、またはアクセスが存在しないページは、残していてもサイトの評価を下げるだけなので削除することをおススメします。

アクセスが集まるページを作成する

検索エンジンがサイトを評価する際はアクセス数も判断基準にしています。アクセスが多いとユーザーにとって良質なコンテンツを発信しているという形で認識されるでしょう。そのために、アフィリエイト目的以外のページを作成することが重要です。

アクセスを集めるページを作成するためには、どんなキーワードでもよいわけではありません。ページ作成する前に徹底的にキーワード選定を行い、上位化している競合ページと比較することが必要です。

SNSサービスを利用する

FacebookやTwitterなどSNSを利用してアクセス数を増やすことができます。

一度サイト評価が下がってしまうと回復するまで時間がかかります。そのため、SNSを活用しながらアクセスを集めつつ、サイト評価を回復するための対処方法を行いましょう。

サイトで新たなページを作成すれば、リンクとハッシュタグを用いて、SNSで投稿すれば一定のアクセスは見込めます。SNS上のトレンドや人気のキーワードと合わせてページを作成してみてください。

アフィリエイトリンクの貼り方

アフィリエイトリンクを貼る時に追加することをおすすめするリンク属性が存在します。

そのリンク属性は下記になります:

rel=”sponsored”
rel=”nofollow”

どちらも、PageRankをリンク先に渡すことはありませんし、アンカーテキストを評価しない(2つのリンク属性は命令ではなく、手がかりとして検索エンジンに伝えるため、評価対象になる場合もあります)ためのリンク属性ですが、Googleはrel=”sponsored”を追加することを推奨します。

2つのリンク属性の働きは一緒ですが、rel=”sponsored”は、検索エンジンに設置されているリンクがアフィリエイトのような金銭に関わるリンクであると伝える役割があります。

アフィリエイトリンクは、どちらかのリンク属性と一緒に設置しましょう。

アフィリエイトサイトのSEO評価を上げる為の方法?

アフィリエイトサイトのページが検索結果で上位表示されないという話をよく聞きますが、その場合の多くはアフィリエイトリンクが原因ではありません。

コンテンツが少なく、アフィリエイトリンクばかりが目立つようなページや、ページのコンテンツの中身がスカスカな状態であれば検索エンジンに評価されません。

コンテンツが充実したページを作成することに心がけましょう。

まとめ

アフィリエイトリンクがSEOにどのような影響を及ぼすのか紹介しました。アフィリエイトリンクは普通に使用して入れば、SEO的に何も問題はありませんが、1つのページに大量のアフィリエイトリンクを設置したり、サイト内ページのアフィリエイトリンクが貼っているページの割合で、サイト評価を落としてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

関連記事