クロラボ
SEO

キーワード選定の超重要ポイントを手順に沿って解説!

2021.05.17

検索エンジンでの結果で上位に表示されるための対策はいろいろありますが、ここではSEO対策としてのキーワード選定の重要性について解説します。そして、具体的にどうすればSEO初心者でもコンバージョンに貢献するキーワードを選定できるかについて、手順を踏んで紹介していきます。

大多数の人が利用する検索ワードを選定するよりも、比較的少数でもニッチなニーズに応える方が、大きな成果につながりやすいものです。

  1. サイトの内容を活かすには、SEOにおけるキーワード選定がこんなに重要!
  2. SEO施策のためのキーワード選定のポイント
  3. 3つのステップを押さえて、適切なSEOキーワードを選定しよう
  4. 無料ツールを活用して、有効なキーワードを探してみよう
  5. キーワード以外の有効なキーワードを探す
  6. トレンドからキーワードを探す
  7. 検索意図からキーワードを探す
  8. キーワード選定ができたら、コンテンツにも反映していこう
  9. まとめ

サイトの内容を活かすには、SEOにおけるキーワード選定がこんなに重要!

そもそもSEOとは、「検索エンジン最適化(Serch Engine Optimization)」の略で、Google、Bing、Yahoo!などの検索エンジンから自社サイトに訪れる人を増やすことで、サイトの成果をあげる施策のことをいいます。

検索エンジンの検索結果からサイトを訪問する人は、もともとサービスや商品の購入に対して高いモチベーションを持っているため、購入や申し込みなどの成果(コンバージョン)につながりやすい傾向があるので、成果を上げたい場合には見逃せない施策なのです。

検索エンジンの検索結果から自社サイトを訪問してくれる人を増やすには、自社サイトをなるべく検索結果の上位に表示させることが重要です。

検索ユーザーが求めている情報を得るために最もクリックするのは1位に表示されるサイトであり、検索結果の4~5ページ目に表示されていてもほぼ訪問されることは期待できません。

では、どんなサイトが検索結果の上位に表示されるのかというと、Googleなどの検索エンジンから、検索ユーザーにとって有益で良質な情報を含んでいるコンテンツだと判断されているサイトなのです。

検索エンジンにはそれぞれクローラーと呼ばれるロボットが使われており、webサイトの膨大な情報を収集してデータベースに整理して格納しています。

検索エンジンのデータベースに記録されている状態を「インデックスされている」と呼びます。インデックスされたサイトの中から、検索ワードと関連性が高く、かつ評価が高いと判断されたサイトから順に検索結果が表示されていくのです。

ユーザーは検索エンジンでいろいろなキーワードを検索しますが、自社のサービスを知れば利用すると思われる潜在的なユーザーが、実際にどんなキーワードを使って検索をするのかを考える必要があります。

そんな効果的なキーワードは、サイトを制作している側にとっては思いも寄らない言葉である可能性もあるでしょう。

また、成果をあげるキーワードを選定するには検索エンジンを提供しているGoogleなどの考え方も考慮に入れる必要があります。キーワードを間違えていると、決して狙ったユーザーにはサイトのコンテンツを見てもらえないのです。

サイトの内容が優れていて、品質が高いことは何より重要なことですが、それらのコンテンツをユーザーに届けるための施策として、SEOのキーワード選定が非常に大きな意味を持っていることがわかるでしょう。

SEO施策のためのキーワード選定のポイント

優れたサイトのコンテンツを用意しても、SEO対策として選定したキーワードが不適切であれば、サービスへの購買意欲を持つユーザーに診てもらうことができません。そこで、適切なキーワードを選定するためのポイントについてこれから解説します。

キーワード選定を考える前に、4つの大前提を見直してみよう

SEO対策となるキーワードを選定する前に、まず自社サイトの目的やテーマ、性質や特性、ターゲットなど、基本的なところを再認識して明確にしておきましょう。

そうすることで、サイトの目的やテーマとの整合性のあるキーワードが自ずと浮かび上がってくるはずです。では、それらの基本となるポイントを、4つの大前提に基づいて解説していきます。

まず1つ目は、何といっても「サイトの目的・テーマを明確にする」ことです。例えばサプリメントを販売するサイトであれば、主に美容や健康についての内容がテーマになってくるでしょう。

そこに突然「株式投資」「子連れで行ける遊び場」などのようなコンテンツやキーワードが入ってくるのはおかしいということになります。

また、「まずはこのショップを知ってもらいたい」「とにかく商品をたくさん購入してほしい」などの目的もはっきりさせておくことで、選定するべきキーワードは変わってきます。

2つ目は、ターゲットやペルソナを考えておくことです。どんな人でも対象にしたい、と漠然に思っていると、サイトを通して伝えたいことも比例してぼんやりしてしまいます。

ターゲットは性別や年齢層、居住地などで分け、どの層に訴えかけるかを明確にしておきましょう。

ペルソナとは、ユーザーを架空のキャラクターとして仕立て、はっきりとした設定を与え、その行動パターンやニーズの予測に役立てることをいいます。

3つ目は、SEOの基礎知識の1つですが、ビッグキーワードとスモールキーワードです。ユーザーによる1カ月間の検索数を検索ボリュームといい、ビッグキーワードとは検索数の多い単語または単語の組み合わせのこと、スモールキーワードとは検索数が比較的少ない単語または単語の組み合わせのことをいいます。

キーワードを選定する際にビッグキーワードを使えば、サイトへの訪問者が増えてサイトの認知度を上げる効果が見込めるでしょう。ただし競合サイトが多いので、検索結果に上位表示させるのは難しくなります。

対してスモールキーワードは、検索回数が比較的少なく、ユーザーのニッチな要望を知ることができます。スモールキーワードをキーワードに使った場合には、ビッグキーワードを使う場合に比べて圧倒的に競合サイトが少ないことから、検索結果で上位を狙うこともできるでしょう。

それに、ビッグキーワードと比較するとサイトへの来訪者は少なくなるものの、そもそもピンポイントでユーザーのニーズを満たしている可能性が高く、むしろビッグキーワードよりも着実に顧客を獲得できるチャンスが大きいのです。

そして最後の4つ目は、ユーザーが実際に検索するときに使う言葉をリサーチしたり考えたりすることです。あまりにも専門的すぎて一般人が知らない言葉がメインテーマに使われているようなサイトに、ユーザーが最初からダイレクトにその言葉を使って検索して来訪することはほぼないでしょう。

つまりそのような専門用語はキーワードとしては不適切で、もっと大きなカテゴリーから何となく検索してくることを想定した方が良いということです。SEOを考えるなら、自分がまったくの部外者の一般人の立場に置いたときにどんな言葉を使って検索するか、を考えるべきでしょう。

3つのステップを押さえて、適切なSEOキーワードを選定しよう

SEOキーワードを軽視していたり、実際に使われている検索ワードとはずれたキーワードを選定してしまったりしていて、SEOの成果が出ないというケースは意外とあります。

実は、適切なSEOキーワードを選定するには、ごく簡単な3つのステップを押さえるだけでいいのです。では、これからその3つのステップを紹介します。

【ステップ1】キーワードのリストアップにツールやサービスを活用しよう

まず、キーワードとして思いつくものをどんどんリストアップしていきましょう。ただ、自分や身内だけで考えると限界がありますし、一定のイメージに縛られてしまっていることも多いものです。そこで活用してもらいたいのが、キーワード選定のできるツールです。

代表的なツールはGoogleが無料で提供している「Google AdWords キーワードプランナー」です。このキーワードプランナーはユーザーが検索している関連キーワードを調べる、各キーワードの検索ボリュームを比較するなど、キーワード選定に役立つ便利な機能を提供しています。一部機能は無料で利用できますが、通常のGoogleアカウントとは別に、Google広告というサービスのアカウントが必要です。

2つ目は「goodkeyword」で、Google、Bing、Yahoo!で検索されているワードの関連キーワードを取得できるツールです。何かしらのキーワードを入力すると、検索エンジンで検索されている関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードが表示されます。「キーワードプランナー」と併用することで、さらに幅広いリストアップができる点が魅力です。

3つ目のツールは「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」で、Googleサジェスト、教えて!goo、Yahoo!知恵袋から関連キーワードを一括で取得することができます。このツールではユーザーの検索意図までを知ることができるので、思いがけない発見が得られるかもしれません。

4つ目のツールは「キーワード出現頻度解析ツール」で競合サイトで設定されているキーワードや、ページ内のキーワードの出現回数などを調べることができます。検索結果で上位に出てくる競合サイトをリサーチするのに便利なツールです。

5つ目はツールではなくサービスで「コンテンツSEO支援サービス」というものです。効果的なSEOキーワードを提案してくれるなど、SEOに関するサービスを行っています。低コストで支援をしてくれるので、どうしてもSEO対策がうまくいかない場合には相談してみるといいでしょう。

【ステップ2】キーワードプランナーを使って、検索ボリュームを調査してみよう

選定の候補となるキーワードをリストアップできたら、それらのキーワードが月にどのくらい検索されているのか、月間平均の検索ボリュームを調べてみましょう。これを調べることで何が役に立つかというと、検索ボリュームが多すぎず少なすぎない、ほどよいキーワードを抽出することができるのです。

検索ボリュームが多すぎると競合サイトが多すぎて検索結果の上位表示が難しくなります。少なすぎれば単純に来訪者がほぼいないということです。狙い目なのは、検索ボリュームが100~1000のキーワードで、そのようなキーワードを選ぶことで検索結果上位に表示される可能性が大きくなります。

【ステップ3】3つのポイントをチェック!キーワードを絞り込んでいこう

たくさんのキーワードをリストアップしてきましたが、問題はその中からどのキーワードを選ぶかということになります。ここからいきなり効果の高いキーワードを選び出すのは難しいので、絞り込むための3つのポイントを紹介します。

1つ目はステップ2でも触れていますが、まず、検索ボリュームが100~1000の範囲にあるキーワードは残しておきましょう。最初からビッグキーワードを使っても初心者が検索上位に表示されるのは至難の技です。ほどよい検索ボリュームのワードを使うことで、検索上位に表示される可能性が上がります。

2つ目のポイントは、なるべく自社サイトのコンテンツとの関連性が高いキーワードをピックアップしていくことです。関連性の低いワードの場合、来訪したユーザーが「求めていたものと違った」と感じてしまうので、効果が上がりません。

また、サイト全体と関連性の高いキーワードであるほど、Googleなどの検索エンジンからの評価が上がるため、比例して効果も上がりやすくなります。

3つ目のポイントは、コンバージョン(売上、サービスへの会員登録などの成果)につながりやすいキーワードであるかどうかを精査することです。その場合、ユーザーの立場や心理に立って、そのニーズを具体的にイメージしてみることがとても有効になります。

品質の高さ、安さ、デザインの美しさ、使い勝手の良さなど、コンバージョンにつながる要素はいろいろあるはずですが、どの点を重視してSEO対策をしていくかは、世間のニーズも考えながらその戦略を選んでいく必要があるでしょう。

無料ツールを活用して、有効なキーワードを探してみよう

上記ではキーワードをリストアップするために便利なツールを紹介しました。便利なツールにも有料のもの、無料のものなどいろいろあり、特に無料のツールの場合にはある程度の知識がないと、的外れなキーワードを選んでしまうこともないとはいえません。

やはり有料のツールの方が圧倒的に効率よく効果のあるキーワードを選定できますが、ここでは無料ツールを使ったキーワードの選定の手順について解説していきます。

1. まず、軸となるキーワードを決めよう

キーワード選定の前に大前提として自社サイトの目的やテーマなどをはっきりさせることが重要なことだと前述しました。それと同様に、キーワードも軸となるキーワードを決めておけば、後で方向性がバラついてしまうようなことは避けられるでしょう。

販売する商品・サービスなどによっては、軸キーワードは自ずと決まってしまうこともあります。最初は検索ボリュームの大きいシンプルなワードを軸キーワードにしておくといいでしょう。

2. 軸キーワードから関連(サジェスト)キーワードを取得してみよう

さて、軸キーワードが決まれば、そこから簡単な方法を使っていろいろな膨らませ方ができます。最初に簡単な方法ですが、関連(サジェスト)キーワードを取得する方法を紹介しましょう。

関連(サジェスト)キーワードとは、Googleの検索窓に検索ワードを入力すると表示される、候補キーワードのことをいいます。

過去の検索キーワードの蓄積からアルゴリズムが自動で生成してくれるもので、人気があってよく検索されるキーワードがよく表示されます。Googleの検索窓に軸キーワードや、軸キーワードと他の単語を組み合わせたものを入力してみて、表示されるキーワードを収集してみましょう。

また、前述の「Googleキーワードプランナー」のほか「Yahoo!キーワードアドバイスツール」を使って関連キーワードを抽出したり、「Google Search Console」を使ってサイトへの流入キーワードを調べたり、口コミやSNSの発言を自社サービスや商品に関連するキーワードで検索することで、思いがけないユーザーのニーズを発見することもできます。いろいろと試してみて、軸キーワードを膨らませてみましょう。

3. 検索ボリュームを調べてみよう

いろいろと軸キーワードを膨らませてみたら「Googleキーワードプランナー」を使って検索ボリュームを確認してみましょう。検索ボリュームの大きいビッグキーワードなら自社サイトの認知度を上げることに役立つ可能性はありますが、多くの競合サイトが存在しています。

逆に検索ボリュームが小さいキーワードだと、訪問者が少なすぎてなかなか成果があらわれません。なるべく自社サイトの特徴をしっかりと押さえていて、検索結果の上位に表示してくれそうなものを比較・検討する必要があります。

検索上位に上がるためには、もちろんサイトの品質の良さも重要視されるので、適宜自社サイトの構造やコンテンツの内容などを見直し、強みと弱みを押さえて改善を続けていくことも大切です。

4. 競合サイトも調査してみよう

検索ボリュームを調べてみて、自社サイトを検索上位に導きそうなキーワードをいくつか抽出できたところで、それらを使って実際に検索エンジンで検索をしてみましょう。そこで検索結果の上位に表示されるのが競合サイトであり、強力なライバルだということです。

いくつも競合サイトを見て研究し、それらのサイトに共通するポイントがあれば、同じように取り入れてみることが望ましいでしょう。また、競合サイトと自社サイトの差をよく比較してみて、それぞれの強みと弱みを把握することが大切です。

競合サイトにはなくて、自社サイトでなら押し出すことのできる強みがあるならば、そこで大きな差別化を図ることができます。

もし、競合サイトがSEO対策に力を入れていれば、それでも検索結果で上位に表示されるように対策するためには、無料ツールでの対応では足りないかもしれません。必要に応じて有料のツールを取り入れることが望ましいでしょう。

キーワード以外の有効なキーワードを探す

上位化させたいキーワード以外でも、アクセスを見込めるキーワードがあるかもしれません。サジェストツールなど使用することによって、複合キーワードや関連するキーワードを探すことで、コンテンツのトピックを増やし、複数のキーワードでアクセスするコンテンツを作成することが可能となります。

Googleのサジェスト機能

サジェスト機能とはGoogleの検索エンジンに標準装備されており、検索したキーワードに関連する実際に検索されたキーワードを表示する機能です。

サジェストで表示されるキーワードは需要があるキーワードなので、コンテンツ作成の際に参考にしましょう。無料で使用できる機能なので、どんなコンテンツを書けばよいのか思いつかない場合など気軽に活用できます。

Weblio辞書

400万文字以上の中から類語や同意語・関連語を検索することが出来る無料ツールです。検索キーワードそのものを調べることは出来ませんが、類語や同意語・関連語からコンテンツの幅を広げるアイデアを生み出すことはできます。

関連するキーワードを探す以外にも、文章作成の際の言い回しなど、ユーザーに具体的に正しい情報を伝える際に必要な語彙力を補うといった活用方法もあります。 いくつものコンテンツを配信する場合におすすめのツールです。

ラッコキーワード(旧goodkeyword)

ラッコキーワードでは、特定のキーワードの類語・同義語のサジェストをGoogleの検索エンジンやAmazon、YouTubeなど領域を指定して調べられます。サジェスト情報以外にも、WEB検索のトレンド(12か月と5年分)を確認できます。

その他にも共起語やトレンドなどサジェストキーワードを探す目的のみであれば、ラッコキーワードだけで事足りてしまうほどコンテンツのアイデアを求めている場合は頼りになるツールです。

トレンドからキーワードを探す

キーワードには常に需要があるものもあれば期間限定で需要が高まるキーワードが存在します。トレンドを絡めたキーワード選定を行うことで、事前準備を行い瞬間的に多くのアクセスを集めることが可能となります。

SEO対策は、短期間で上位表示させることが難しいです(外部対策を行わない場合や、サイトのパワーが弱い場合)。したがって、「4か月後の○○に合わせてコンテンツを作成する」という形でコンテンツ作成を行えば、狙ったキーワードで上位化できる可能性が高まります。

Googleトレンド

Googleトレンドを使用すれば、Googleの検索エンジンで現在、検索ボリュームが急上昇しているキーワードを確認することができます。

地域やカテゴリを絞って調べることが出来るので、「どの地域でどのキーワードが話題となっているか」確認することができます。トレンドのキーワードを探す以外にも瞬間的にアクセスを集めているキーワードを確認する際に役に立ちます。

Cotoha.com

GoogleやYahooのトレンド急上昇ワードのランキングを一覧で確認することができます。 気になるキーワードをクリックすれば、Googleトレンドでの人気度の動向と話題となっているページや「Yahoo!知恵袋」や「教えて!Goo」など表示されます。

検索意図からキーワードを探す

検索されているキーワードはユーザーのニーズです。検索結果で上位表示されているページはユーザーのニーズにあったコンテンツとして私たちがコンテンツ作成する際のお手本にすることができます。

ですから、検索結果で上位表示している競合サイトのページタイトルやカテゴリなどからキーワードをパク、、、洗い出すのは有効な方法と言えます。

自身が上位表示させようと狙っているキーワードを検索、上位化している競合ページのタイトルやコンテンツ内容を確認して、それを参考にコンテンツを作成することで狙ったキーワードで上位化させる可能性を高めることができます。

キーワードによって上位表示させるための基準が異なるので、「どんなページが上位表示する」という明確な基準がありません。ですから、上位表示しているページを調査して、新しいキーワードを発掘することはおすすめです。

キーワード選定ができたら、コンテンツにも反映していこう

いよいよキーワード選定が完了したら、自社サイトにそのキーワードに対応したコンテンツを用意していきましょう。地味で細かな作業となりますが、検索ワードによって来訪したユーザーにがっかりされないように、気を抜かずにしっかりとコンテンツ対策を行います。

titleタグにキーワードを含めよう

HTMLで書かれた文章には、このHTMLのタイトルを表している「titleタグ」があります。この「titleタグ」でページ全体の内容を簡潔にまとめ、対策キーワードも含めた文章を囲みます。この文章はダラダラと長くせず、全角で30文字程度にまとめましょう。

関連記事:titleタグの文字数はいったい何文字が正しい?

見出し(h1、h2…)にキーワードを入れていこう

ページの内容に複数の見出し(h1、h2…)があれば、この見出しも対策キーワードを含めたものに変更していきましょう。特に最初の見出し(h1)は検索順位の評価に大きく関わるものですので、必ず含めるようにします。そのように変更することで、検索エンジンからもキーワードの関連性の高さを評価されるはずです。

こちらの記事では効果的な見出しの記載方法を説明しています。

キーワードを本文の最初の方に入れよう

見出しはもちろんですが、対策キーワードは本文にも、それもなるべく冒頭の方に含めるようにしましょう。ただし、対策キーワードを不自然なほどに頻出させてしまうとペナルティの対象となることがあり、逆に検索結果の表示順位を下げかねません。SEO対策だからと無理やり使いすぎず、自然に登場する程度に留める程度で良いでしょう。

対策キーワードは、基本的に1ページ・1キーワードにしよう

対策キーワードは、原則的に1ページに対して1キーワードを使うようにしましょう。たくさん入っていた方が効果がありそうに思うかもしれませんが、逆にたくさん使うほどに1つ1つの価値が下がってしまいます。あくまでそのページの中で、1つの重要なキーワードを大切に扱うことで、そのキーワードが高く評価されます。その結果、検索エンジンからも評価も上がって検索結果の順位も上がっていくでしょう。

まとめ

適切なキーワードを選定するためには、自社サイトをじっくりと見直し、そのテーマや目的、強み弱みなどの特徴や性質を改めて把握する作業をする必要があります。自社サイトに固定したイメージを持っていたとしても、選定ツールなどを使うことで客観的な目も養われるでしょう。そして適切なキーワードを選定して活用することができれば、きっとサイトの効果が目を見張るほどに変化するはずです。

関連記事