クロラボ
SEO

(AmebaOwnd)アメーバオウンドでのSEO対策教えます

2021.07.05

ホームページ作成ツール「アメーバオウンド」内で設定できるSEO対策について、そしてアメーバオウンドはSEOに弱いと言われている理由について解説します。

アメーバオウンド(Ameba Ownd)とは

アメーバオウンドとは、アメブロやABEMAを運営する株式会社サイバーエージェントが開発したホームページ作成ツールです。

・アメブロでSEO対策をしている方はこちらで学ぶことができます。

手軽におしゃれなホームページの作成・運営が出来ることもあり、100万人以上の利用者がいます。スターバックスもアメーバオウンドでブログページを作成しています。

アメーバオウンドの特徴としては、パソコンが無くてもスマホがあれば、ホームページが作成できる点です。SNSとの連携等スマホと相性が良い機能が揃っており、スマホユーザーが多い今の時代に合っているホームページ作成ツールと言えます。

アメーバオウンドはSEOに弱いの?

現在、多くのホームページ作成ツールを提供している企業が「うちでホームページを作成するとSEOに強いサイトを作ることが出来る」とコマーシャルしているのが目立ちますが、検索結果での順位は最終的にGoogleの検索エンジンが判断します。

・あなたのホームページが検索結果に表示されない原因はこちら

サイトの見やすさや美しさは検索ユーザーの利便性に関わる問題かもしれませんが、それだけでSEO的に絶対有利になるとは言えません。

サイトはあくまでもフレームだとわたしは考えています。ユーザー/検索エンジンにとって大切なのは中身(コンテンツ)の部分です。良質なコンテンツ(ユーザーが求める情報)を作成して、その内容を正しく検索エンジンに伝えることが出来れば検索結果に良い影響を与えます。

アメーバオウンドはSEOに弱いと言われていますが、おそらくサイト作成を行い、数枚だけ記事を投稿して「上位表示できない」というようなサイト運営・管理の厳しさを知らない人たちが噂しているだけでしょう。

アメーバオウンドのSEO設定方法を紹介

まずはログインして、管理画面へ行きましょう。左のメニューバーにある「設定」からSEO設定を行うことができます。

この画面では以下の項目について設定できます。

検索エンジン向けのサイトタイトル(title)

通常のSEO対策と同じく、アメーバオウンドでもサイトタイトルは重要な要素となります。

meta descriptionもタイトルと同様に最重要の要素として、記述する文章内にはキーワードを含むことがマストとなります。

上位化させたいキーワードをなるべく文章のはじめに設置することで、検索エンジンにサイト内容がそのキーワードに関連すると伝えることができます。

検索エンジン向けサイト説明文(meta description)

サイトタイトルと同じく、検索結果で上位表示させたいキーワードを含んだ説明文を記述してください。

meta descriptionはSEOに直接関係ないと言われていますが、検索ユーザーに対してページ内容を紹介する要素となるので、クリック率を高める効果を期待できます。

そして、クリック率は検索順位に良い影響を与えるとされているので間接的にSEO効果があるといえます。

検索エンジン向けのキーワード(meta keyword)

meta keywordは検索エンジンに上位化させたいキーワードを伝える要素となりますが、現在の検索エンジンはmeta keywordを検索順位に良い影響を与える要素として見なしていません。ですから、meta keywordを設定する箇所については空欄のままで問題ありません。

上位化させたいキーワードを記述してしまうと、競合がmeta keywordを確認した際に、上位化させたいキーワードが簡単に知られてしまうので、SEO対策を行う上ではこちらは設定しないことをおススメします。

関連記事:meta keywords(メタキーワード)はSEO対策に必要?

SNSシェア用画像

SNSにサイトがシェアされた場合に表示される画像を設定することができます。画像を設定していない場合はサイトのカバー画像が代わりに表示されることになります。

検索エンジンを回避する

検索エンジンに回避されるということは、検索エンジンで検索しても表示しないということです。公開する前の準備段階であれば、「回避する」にチェックを入れることで検索結果に表示されなくなります。

一度公開してサイト運営を始めた場合は、こちらもチェックする必要はありません。

それぞれの項目設定後は、右上の「保存」ボタンから保存することができます。

サーチコンソール/アナリティクスの追加

Googleが無償で提供している分析ツールであるサーチコンソールもアメーバオウンドで設定を行いましょう。

サイト内の改善点やそれぞれのページにどのようなキーワードでユーザーが訪れているのか把握できるので、改善を行うのに必要不可欠なツールとなります。

また、改善以外にもサイトマップが追加出来たり、正常にページが表示されているかを確認するURL検査を行うことで新しく作成したページを素早くインデックスさせることもできます。

アメーバオウンドの管理画面左のメニューにある「設定」の「外部のツール」から手順通りに進むとサーチコンソールに登録することができます。

また、同じ要領でアナリティクスにも登録できるので是非登録してください。どのページにいくつのアクセスがあったのかを知ることができます。

上記の内容を踏まえた上、下記の初心者でもできるアメーバオウンドを使ったホームページ作成をご覧ください。

トップページ以外のSEO対策は?

アメーバオウンドは、サイト全体のSEO対策を設定してできないと思われがちですが、それぞれのサブページのSEO対策を行うことができます。

上記で紹介したサイト全体もSEO設定を行った上で、それぞれのサブページのSEO対策を行いましょう。

やり方を具体的に説明します。

アメーバオウンドで作成されたサブページのタイトルには、サイトタイトルも含まれます。検索キーワードを含むタイトルを作成して毎日コツコツ投稿していくと徐々に検索結果が高まります。

タイトルはSEO対策を行う上で最上級に重要な要素です。

サイト全体のキーワードをサイトトップページのタイトルに設定して、サブページのタイトルには、トップページに設定したキーワードと関連性が高いキーワードを含むように心がけましょう。

まとめ

今回はアメーバオウンドでSEOの設定を行う方法をご紹介しました。

上記でお伝えしたSEO対策を行えば上位化するという保証はありません。最も検索順位に影響を与えることが出来るのはコンテンツ内容です。

タイトルやmeta descriptionにキーワードを入れるといったSEO対策を行って終わりではなく、何度も何度も作り直してはユーザーが役立つ情報や楽しんでもらえる情報を提供することが1番アクセスを上げる上で大切なポイントです!

関連記事