クロラボ
SEO

【無料】キーワードマップで集客力があるサイトを作成しよう!

2021.07.01

サイト作成の際に役立つキーワードマップの作成方法を紹介します。キーワードマップはSEO対策を行う上でもっとも上位表示させたいキーワードを軸にサブキーワードを集め、ユーザーに良質なコンテンツを届けるための表や地図のことです。

このページでは、無料でキーワードマップを作成する方法を紹介します。

キーワードマップ(Keywordmap)とは?

キーワードマップとは、上位化させたいキーワードの関連語(サジェストキーワード)をマインドマップのように可視化することで、SEO対策をより効率的に行うことための表や地図を指します。

例えば、Googleの検索エンジンで、検索窓にキーワードを入力すると、関連するサジェストキーワードも検索結果に表示されます。自身で集められるサジェストキーワードをまとめたものがキーワードマップとなります。

キーワードマップはSEO対策に役に立つ

KeywordmapやContentmap(コンテンツマップ)はSEO対策を行う上で非常に役に立ちます。キーワードマップを作成すると、上位化させたいキーワードから掘り下げて、様々なジャンルで必要な情報をまとめられるので、よりユーザーの求めている役立つ情報をコンテンツに含むことが可能となります。計画的に、SEO対策やサイトを育てるためにはキーワードマップはかかせません。

キーワードマップを作成するツールを紹介

サジェストキーワードを見やすくマインドマップにまとめることが出来る便利な作成ツールを紹介します。

無料で使用できるOMUSUBIは、特定のキーワードを検索すると、いくつものサジェストキーワードが表示されます。さらにOMUSUBIの特徴としてキーワードはバラバラに表示されるのではなく、それぞれ関連性のあるキーワードで構造化されるので非常に見やすいです。

構造化されているので、ビッグキーワード(1番検索ボリュームがあるキーワード)、ミドルキーワード(ビッグキーワードに比べると競合が少ない)、スモールキーワード(検索ボリュームも競合も少ないので比較的上位化させやすいキーワード)が簡単に把握できます。ですから、どの順番でコンテンツを書けばよいのか計画的にサイト構築を行うことができます。

このOMUSUBIは、難しい操作も必要なく誰でも簡単に利用することができます。そして、何回もキーワード選定をする必要がありませんので時間も手間もかからないところがおすすめのポイントです。

キーワードマップ作成ツールを利用する際の注意点

キーワードマップ作成ツールは非常に便利なので「このツールさえあれば大丈夫だ!」と思いがちですがそうはいかないです。

キーワードマップ作成ツールの大きなデメリットは「同じキーワードが起点となって整理される点です。

  • SEO対策ツール ランキング
  • SEO対策ツール おすすめ
  • SEO対策ツール おすすめのメーカー

この3つのキーワードをもし私たち人間が見た場合、おそらくどれも似たような検索意図だな。と想像することができますが、ツールでキーワードマップを作成するとそれぞればらばらのカテゴリに分けられます。

このようなことが起こると、いくつもの似たようなキーワードでそれぞれコンテンツが出来上がるので、無駄なページを作成することになるおそれがあります。

多くの方はそんなことはないかとは思いますが、ツールに頼りすぎると重複コンテンツが生まれたリ、カニバリゼーションが起こる原因となりますのでご注意ください。

自分で出来るキーワードマップの作成方法を紹介

キーワードマップ作成ツールに頼らずに自分でキーワードマップを作成したい方に向けて作成方法を紹介します。

手順は以下となります。

  • サジェストキーワードを集める
  • 検索意図から似ているキーワードを集める
  • 実際に検索してみて検索結果から必要なキーワードを絞る
  • 一度作成したから終わりではなく、何度も修正を行う

サジェストキーワードを集める

自身が上位化させたいキーワードに関連するキーワードを検索エンジンのサジェスト機能やツールを利用して集めましょう。ラッコキーワードは簡単にサジェストキーワードを集めることができるのでおススメです。

また、キーワードプランナーを利用すれば、キーワードの検索ボリューム(月間の検索されている数)を確認できるので、検索ユーザーのニーズを把握することができます。

検索意図から似ているキーワードを集める

上位化させたいキーワードを検索して上位表示している競合ページの内容を確認して、検索エンジンがどのような情報を好んでいるか推測しましょう。

検索エンジンが好むコンテンツを作成するためのキーワードを集めるとより、専門性の高いキーワードマップを作成することができます。

実際に検索してみて検索結果から必要なキーワードを絞る

ある程度キーワードが集まってきたら、検索エンジンで検索してみましょう。別のキーワードで同じ競合ページが表示されている場合は、どちらかのキーワードを削除して、重複コンテンツの作成を防ぎます。

一度作成したから終わりではなく、何度も修正を行う

検索エンジンのアルゴリズムは絶えず変化します。今まで上位化していたとしても、アルゴリズムがアップデートすると順位が下がることもありえます。

また、サジェストキーワードも検索ユーザーのニーズに合わせて変わるので、キーワードマップは1度作成して終わりではなく、何度も修正と編集を行いましょう。

キーワードマップを作成する際に役に立つマインドマップ

集めたキーワードをまとめる際に役に立つのがマインドマップツールです。数多くのマインドマップ作成ツールがありますが、中には無料で利用できるものもあります。

無料のマインドマップツール:

キーワードマップの活用方法

キーワードマップはこれからサイト内でコンテンツを作成していくときに役立ちます。サイト運営を複数人で行っている際は、情報の共有ができますし、テーマやコンテンツの重複を防ぐことができます。

大きなメディアになればなるほど、多くのメンバーで作業を行うこととなるので、情報の共有がマストとなります。

どこまで対応しており、どのようなテーマでコンテンツを作成していくのかを分かりやすく理解するためにはキーワードマップは必須アイテムといえます。内部リンク等でコンテンツ同士を結ぶ内部対策にも活用できますね。

まとめ

どんなに質の良いコンテンツを作成したとしても、全体の計画性がない状態で作成してしまえば、思ったように検索結果でアクセスを集めることが出来ません。計画的に無駄のない効率的なSEO対策を行いたい場合は、キーワードマップの作成をおすすめします。

無料のツールを利用すれば、費用をかけずにキーワードマップを作成することが出来るので、興味があれば作成してみてはいかがでしょうか。

関連記事