クロラボ

【Twitter】足跡機能はないけど相手に気づかれる行動とは

2021.07.26

Twitterを利用していると「自分が何をしたのか相手に伝わっているのかな」と考えたことはありませんか?

Twitterには足跡機能はありませんが、自分のしたことが相手に伝わることがあります。どのような行動をすれば相手に伝わってしまうかこの記事では紹介します。

Twitterには足跡機能は存在しないが、、、

普段わたしたちは、タイムラインに投稿されたツイートやアカウントのプロフィールページを自由に閲覧することができます(鍵垢の場合は閲覧できません。)

そして、自分と関心や興味が似ている人を探して、フォローしたりコメントしてコミュニケーションをとります。

人によっては何度も頻繁に閲覧されるのが嫌な人もいれば、自分が閲覧していることを知られたくない人もいるでしょう。

全てのユーザーが気持ち良くTwitterを利用できるようにでしょうか、現在Twitterには一部のサービスを除いて足跡機能はありません。(足跡機能を備えているFleetsについて以下で説明しています。)

ですから、誰がいつ誰の何を見たのか、アカウント同士で把握することはできません。

わたしたちは自由に正体を伝えずに、いつでも自由に気になっている人のプロフィールページやツイートを閲覧することができます。

しかし、足あと機能がないから相手に気づかれないということはありません。

以下で紹介する行動をTwitter上で行えば相手のプロフィールページやツイートを見たことがばれてしまうおそれがあります。

Twitterで自分の正体が相手にばれてしまう行動とは

フォローする

相手のアカウントをフォローすると、相手のアカウントに「○○さんにフォローされました」と通知が届くので、相手にあなたがプロフィールページを閲覧したことが知られてしまいます。

相手が通知設定をOFFにしている場合はでも、相手は自分のフォロワーを確認することができるので、フォロワーリストに身に覚えがないアカウントを発見されたら「誰かがわたしのアカウントを閲覧している」とわかってしまいます。

「いいね」する

相手のツイートに対して「いいね」をつけることによって、フォローと同じく相手に「いいね」された通知が届きます。

こちらも通知設定をOFFにしている場合はすぐに気づかれることはないかもしれませんが、「いいね」したツイートページで「誰がいいねしたのか」を把握することができます。

「いいね」は「わたしはこのツイートを読んだよ」と相手に伝える効果もあるので、相手に見ていることがばれたくない場合は「いいね」を非表示にするか、または「いいね」することも控えましょう。

コメントする

ツイートにコメントする行為は「いいね」と同じく相手にツイートを見たことを示してしまいます。通知設定をしている状態であれば、コメントしたことがすぐに相手に通知されます。

リツイートする

相手のツイートをリツイートすることで、ツイートを見たことが相手に知られてしまいます。リツイートも通知設定していれば、すぐに相手に伝わります。

また、ばれたくない相手のツイートではなく、ばれたくない相手のツイートがリツイートされた投稿をリツイートした場合でも、ばれたくない相手に通知はいくので注意が必要です。

Fleets(フリート)機能を閲覧する

2020年11月から導入されたフリート機能を知っていますか?

instagramのストーリー機能と類似している機能で、テキスト・画像・動画の形式で共有できるショートムービーを投稿するもので24時間後に投稿内容は削除されます。このサービスには足あと機能が備わっています。

フリート機能を使用してテキストや画像を投稿したアカウントは、投稿内容を閲覧したアカウントをリスト式で確認することができます。

足跡を残さずにTwitterを利用する方法

相手に自分が閲覧しているとばらさずにTwitterを使う方法を紹介します。

非公開にする

自分のアカウントを非公開にすると相手に通知が届かなくなるので、ツイートやプロフィールページを見たと伝わるような上記で紹介した行動をしたとしても相手に知られる可能性は低くなります。「いいね」やリツイートの数は追加されますが通知は届きません。

この方法の注意点としては「フォローすればばれてしまう」ことです。ですから、フォロー以外の行動をしても相手に気づかれない方法と覚えておきましょう。

ログインせずに閲覧する

ログアウトしてからTwitterで閲覧したいツイートやプロフィールページにアクセスすると「いいね」やリツイート、コメントができない状態で相手のTwitterを見ることができますし、クリックミスにより相手にばれる心配もありません。この方法はブラウザ版のTwitterのみで行える方法となります。

別アカウントを作成して閲覧する

相手にばれないようにTwitterを利用したい場合は、普段使用しているアカウントとは別にアカウントを作成する方法も有効です。

別アカウントを作成すれば、万が一相手にばれても誰なのかわかりません。別アカウントを作成する場合は、相手にばれたくないのであれば、自分を連想させるようなプロフィールページの文章やIDなどは使用しないように気をつけてください。

相手に気づかれずTwitterを利用する際の疑問点

Twitterアナリティクスからばれない?

Twitterアナリティクスはインプレッションやエンゲージメントを確認することはできますが、誰が閲覧したかまでは確認できないのでばれることはありません。

検索から相手にばれない?

Twitterのサジェストや検索からは相手のツイートやプロフィールページにアクセスすることで相手にばれることはありません。

閲覧頻度が高いと「おすすめユーザー」に表示される?

相手のツイートやプロフィールページを何度も閲覧することで相手のTwitter上で「おすすめユーザー」として自分のアカウントが表示されると言われていますが、おすすめユーザーと閲覧頻度に関連性はありません。

「おすすめユーザー」に表示されるのは、同じような趣味関心を持っているとTwitterに判断された場合や普段閲覧しているツイートやアカウントのプロフィールページなどが同じであったり、いくつものアルゴリズムからTwitterが判断しているものです。絶対に表示させたくない場合は、ログインせずに相手のアカウントを閲覧してください。

外部サービスを利用することで相手にばれない?

現在、Twitter上の行動を把握することができる追跡アプリ・追跡ツールは存在しません。

過去に「忍者サンドボックス」と呼ばれる外部サービスを利用することで、Twitter上での行動を確認することができましたが現在はサービスの提供が停止されています。

また、他にもTwitterの足跡を解析することができると謳うツールがいくつもネット上にありますが、Twitter公式が認めていないものなので個人情報を抜き取られるなどリスクあります。

さらに、解析アプリを作成するためのAPI情報をTwitterは公開していないので、足跡を追跡するツールやアプリは作れない状況です。騙されないように気をつけましょう。

まとめ

Twitterの足跡機能について紹介しました。

現在、Fleets(フリート)機能を除く他のサービスには足跡機能が備わっていないので、相手に自分の行動がばれないようになっていますが、今後のアップデートや仕様変更の際に足あと機能が備えられる可能性はあります。

Twitterを利用していて、自分の行動がばれたくない場合は記事を参考にしてみてください。本当に良いのは、相手に気づかれても問題がない行動をとることです。普通に利用していれば、ばれても問題は何もないでしょう。

関連記事