クロラボ
SEO

JimdoはSEOに弱いのかどうか: 可能な施策方法とは?

2021.07.06

ホームページ作成ツールJimdoは、簡単にホームページを作成できることで人気ですが、SEOに弱いという噂が流れています。このページでは、JimdoがSEOに弱いと言われている理由を徹底的に解説します。

JimdoがSEOに弱いと言われる理由

Jimdoで作成したホームページは無料版/有料版どちらでも検索結果に表示されないことが多いのでSEOに弱いと言われています。検索結果に表示されない理由を掘り下げてみていきましょう。

1. 全体的にSEOのカスタマイズ性が低い

Jimdoで作成できるコンテンツはSEOのカスタマイズができません。関連記事や人気記事の表示やページの表示速度の上昇などできないことや手間がかかることが多いので、ホームページを訪れたユーザーのサイト内回遊率は低く、離脱率は高くなりがちです。

したがって、検索エンジンは質の良いホームページだと認識することがないと考えられます。そのような理由で、検索順位にも悪い影響が出ており上位表示が難しくなっていると言えます。

本気でSEO対策を行うのであれば、ワードプレスを利用することをおすすめします。

2. コンテンツ作成に向いていない

筆者はSEO対策を行う際には、検索ボリュームが少ないニッチなキーワードを探し出し、そのようなキーワードでいくつものコンテンツを配信する形が望ましいと思っています。そのため、大量のページを作成することを考えればSEOとブログは相性が良いといえるでしょう。

Jimdo利用者の特徴の一つにコンテンツ作成のスキルが低い人が多いことが挙げられます。

さらに、現在Jimdoでブログ記事を投稿しているユーザーが少ないことからJimdoの記事ページが検索エンジンにどのように判断されて検索順位が決まるのか未知数な部分が多いです。

もし、いくつものニッチなキーワードでアクセス数を稼ぎたいのであれば、ライティングやSEOに役立ついくつものプラグインが用意されているワードプレスがおススメです。

3. ページの速度が遅い

Jimdoは、ブロックを引っ付ける簡単操作でホームページを作成することができますが、ページの表示速度は遅いです。

表示速度はSEOにおいて検索順位を判断する1つの要素でもあり、ユーザーの離脱率にもつながる大切な要素です。

もし、現在、Jimdoを利用していてページスピードが気になる場合は、他のホームページ作成ツールを使用して新しくサイトを立ち上げて、表示速度を比較するのも1つの手です。

個人的な意見「作成ツールはSEOに関係がない」

SEO対策を行う上で必要最低限のタイトルやディスクリプション、見出しを最適化して質の良いコンテンツを配信すれば、どのホームページ作成ツールを使用しても検索順位に差がつくことはほとんどないでしょう。

世に提供されているホームページ作成ツールをわざわざSEOに弱いように設定して提供する意味がないですし、ホームページ単体で上位化できるほどSEOは甘くありません

ユーザーに喜ばれる、役立つ情報を提供することにフォーカスして質の高いコンテンツを作成すれば問題なく上位化するはずです。

Jimdoで実施可能なSEO対策

Jimdoを利用して作成したホームページでもSEO対策を行える機能は備えられています。

以下で検索順位に良い影響を与えるためのSEO対策を紹介します。無料版も有料版でも実施可能な対策のみを紹介しているので誰でも実施可能となります。

ページタイトル

Jimdoのパフォーマンス画面から基本設定画面にアクセスして「SEO」の項目でページタイトルを編集することができます。

ページタイトルはSEO対策を行う上で最も重要な要素です。必ず上位化させたいキーワードを含むようにしましょう。

見出しタグ

見出しにもページタイトルと同じく上位化させたいキーワードを含みましょう。見出しを上手く活用することで、複数のキーワードで上位化を目指すことができます。(効果的な見出しの書き方はこちら。)

パンくずリスト

パンくずリストはサイトを訪れたユーザーがサイト内のどの場所に位置するかを視覚的に表すものです。パンくずリストを設定することでユーザビリティ向上に繋がります。

Jimdoでは、パンくずリストのコンテンツが用意されていないので、手動で設置する必要があります。設置方法がわからない場合は、こちらのホームページを参考にしてください。

ページ内コンテンツ

検索エンジンに上位化させたいキーワードとページ内コンテンツの関連性が高いと認識させるために、上位化させたいキーワードを含みましょう。

ただし、過剰にキーワードを詰め込みすぎると検索順位に悪い影響を与えるので気をつけてください。キーワード数については競合ページを確認して、競合ページに含まれているキーワード数より少なくすることがポイントです。

関連記事:SEOに強い記事の書き方 – 初心者でも上位表示を狙うための戦略方法

画像の代替えテキスト

検索エンジンは画像データを画像としか認識しません。そのため、何らかの不具合が起こり、画像が映らなくなった場合、画像内に含まれている文章が見えなくなる、またリンクが踏めなくなるというアクシデントが発生します。

そのために、ユーザーに伝えたい文章が含まれている画像やリンクが設置されている画像には代替えテキストを記述しましょう。

Jimdoの画像コンテンツにある「キャプションと代替テキスト」の項目から記述することができます。

関連記事:JimdoサイトにGoogleアナリティクスの導入方法を分かりやすく紹介

まとめ

JimdoがSEOに弱いとされている理由と、個人的な意見である「SEOの強い・弱いは作成ツールにたよらない。最終的には良質なコンテンツ」とJimdoで実施可能なSEO対策について紹介させていただきました。

現在170万に以上の方が利用しているJimdoですが簡単操作でホームページを作成することができるので今後ますます利用者が増えると思います。

Jimdoでも十分上位化させることが出来るSEOに強い無料ホームページを作成することが出来るので、ぜひ気になる方は一度利用してみてください!

関連記事