クロラボ
SEO

ペラサイト・ペラページの上位表示が難しい理由と対策方法

2021.06.08

ペラサイト・ペラページというのは、サイト内に1~数ページしか存在しないサイトの事です。例を紹介すると1ページに大量の情報がまとめられている極端に長いホームページのようなサイトですね。

この手法は、ランディングページやアフィリエイトサイトでよく見かけることがありますが、現在の検索エンジンのアルゴリズムでは上位表示させることが難しいといわれています。

SEO対策の効果が全くないというわけではありませんが、絶対に上位表示させることができるとも言えませんし、最悪の場合は、検索エンジンにSEOスパムだと認識されて、サイトをドメイン共に削除される恐れもあります。

この記事では、なぜペラサイトやペラページの上位表示が難しいのか、そして上位化させるために効果的な方法を説明します。

ペラサイト・ペラページが上位表示されない理由

ペラサイト・ペラページが上位表示されないのは、検索エンジンのアルゴリズムはドメイン毎の「情報量」を重視しているからです。サイト内ページが1~数ページしかないドメインと数十ページ存在するドメインであれば、ページが細分化されていることもあり、ページ数が多いドメイン(サイト)の評価が高くなる傾向にあります。

ただし、あくまでも細分化されているページの情報量やコンテンツの質が高い場合となります。ページ数を増やしてサイトボリュームを分厚くするために、文字数が極端に少ないページや画像のみのページを作成しても、検索エンジンは良い評価を与えないのでご注意ください。

ペラサイト・ペラページを上位化させるのは難しい

ペラサイト・ペラページは、アフィリエイト目的で量産されるサイトで上位化させるのはかなり難しいです。

ページ数が少なくなると内部リンクを設置することや外部リンクを集めることも極めて難しいです。さらに、新規ドメインでサイトを作成する場合は、サイト自体のパワーも弱いのですぐには上位表示させることは出来ません。

たった1~数ページ作成するだけの簡単な作業に思われるかもしれませんが、上位化させるための文章量は必須な上、最後まで読んでもらうための文章構成やコンバージョン(商品やサービスの購入、またはお問い合わせなど)させるための読者を動かすライティング力が必要となってきます。

ペラサイトでも上位表示を目指す方法

そんな上位化させることが難しいペラサイト・ペラページですが、上位化させるために出来ることはいくつかあります。

中古ドメインを使用する

ペラサイトを新規ドメインで作成した場合は、サイトのパワーに頼ることが出来ません。新規ドメインを使用してサイトを作成した場合、内部リンクと外部リンクに頼ることが出来ないので、上位化させるのにかなり不利な状況といえます。

中古ドメインを使用すれば、これまでに獲得した外部リンクや参照ドメイン、ドメインパワーを引き継ぐことが出来るので、新規ドメインと比べると比較的上位化されやすい傾向にあります。

ここで、1つポイントを上げるなら作成するペラサイトと関連性が高い中古ドメインを選定して使用することです。

例えば、サプリメントについてのサイトを作成する場合は、サプリメントを扱っているサイトで使用されていた中古ドメインを使用する、という感じです。関連性がある中古ドメインを使用すれば、中古ドメインのドメインパワーを最大限に引き出せる可能性が高まります。

キーワード選定を徹底的にする

サイトボリュームや内部リンクに頼ることが出来ないので、上位化させるためにはニッチなロングテールキーワードで勝負する必要があります。

単一のキーワードやサジェストされるキーワードでは上位化する可能性が極めて低いです。たとえ、月間の検索ボリュームが数十のロングテールキーワードだったとしてもユーザーが確実にサイトを訪れるようになれば、コンバージョンも見込めるのでペラサイトとしては成功していると言えるでしょう。

購買意欲の高いユーザーを想定したロングテールキーワードを設定することがペラサイトの上位表示には有効です。

また、競合サイトが極端に多いキーワードや、キーワードに関連する企業などの公式サイトばかりが上位表示されているキーワードであれば、ペラサイトが上位化するのは難しいのでその場合は別のキーワードで攻めるようにしてください。

選定したキーワードは、SEO対策を意識してタイトルや見出し、ページ内コンテンツに含むことは必須なので忘れないようご注意ください。

ページ内コンテンツを充実させる

1ページで上位化させようとした場合は、長文コンテンツが必須となります。ただし、ニッチなロングテールキーワードの場合は、そこまで文字数は必要ないと言われています。

明確に「文字数は○○文字以上必要」とは言えませんが、上位化している競合ページの文字数を参考にするのはとても有効です。

また、ペラサイトの場合は上位化させるだけで終わりということにはなりません。

コンバージョンさせるためのユーザー心理を理解したライティングも文章量と同じくらい重要となってきます。ユーザーを惹きつけるためには読みやすさや臨場感等を意識すると良いでしょう。

まとめ

ペラサイト・ペラページが上位化しない理由と上位化するために取り組める方法について紹介しました。上位化させるのは難しいかもしれませんが、出来ることはいくつかあります。

今後、アフィリエイト目的などでペラサイト・ペラページを作成する場合は上記で紹介した方法を参考に取り組んでみてください。

関連記事